マスコット

B・B

ファイターズマスコットチームの大黒柱。背番号212。

2004年の球団誕生と共に登場した、クマをモチーフとするファイターズのメインマスコット。フルネームは「ブリスキー・ザ・ベアー」。

自慢はマスコット100m競争で優勝した俊足。また、アクロバットや選手のモノマネ、ピアノ演奏にスキーなど、特技は幅広いジャンルに及ぶ。

2006年~2015年の間は「212物語」と題し、10年をかけて北海道の212市町村(2004年当時の全道212市町村)を全て訪問。各市町村のみどころや特産品の紹介、地元のファンの方々とのふれ合いを行い、2011年6月には北海道観光大使に任命されました。
ファンとの心のふれ合いをモットーとするB・Bは、北海道内のみならず全国的にファンから愛されています。


ポリー

ファイターズマスコットの紅一点。B・Bの幼なじみ、エゾリスの女の子。

2013年シーズン、北海道日本ハムファイターズ誕生10周年を機に登場した、ファイターズマスコットチームの紅一点。フルネームは「ポリーポラリス」。

北海道の森で育ったポリーは、大地を元気に駆け回り、ふれ合う皆さんを一瞬で笑顔に変える愛くるしいエゾリスの女の子。幼いころに出会ったB・Bからダンスをしたりチームを応援しようと誘われ、森の中からやってきました。得意のダンスと愛らしいしぐさで球場を盛り上げます。


フレップ

マスコット見習い、好奇心旺盛なキツネの男の子。

2016年シーズンよりファイターズマスコットチームの一員として加わった、キタキツネのマスコット。フルネームは「フレップ・ザ・フォックス」。

北海道の丘で生まれたフレップ。好奇心旺盛な彼は故郷の丘を離れ、北海道をめぐる一人旅に出ました。そして、札幌でファイターズを知り、憧れを抱くようになるのです。野球は素人でしたが、「ファイターズに入りたい!!」という熱意が通じ、「マスコット見習い」としてデビューしました。

一人前のマスコットを目指しB・Bの下で修行するフレップの、今後の活躍にぜひご期待ください。


カビー

12球団唯一のファーム専属マスコット。B・Bの弟。

ファーム専属のマスコットとして2006年より鎌ケ谷スタジアムに登場した、B・Bの歳の離れた弟。フルネームは「カビー・ザ・ベアー」。

試合時にはファンと一丸となって応援を行い、愛らしいしぐさでファンを魅了し、とりこにしています。鎌ケ谷市を中心に地域との交流を行っていたことにより、2007年7月には鎌ケ谷市より親善大使に任命されました。また2010年12月には、かまがや防犯大使にも任命されています。