2017/08/16(水)コミュニティ

若手女性農業者集団「LINKS」メンバーが「北海道シリーズ2017 HOKKAIDO be AMBITIOUS」千葉ロッテマリーンズ戦のGALAXY JOURNEYに出演

8月16日(水)、千葉ロッテマリーンズ17回戦(札幌ドーム)開始前のGALAXY JOURNEYのコーナーに、北海道日本ハムファイターズとSC活動の一環で「農業女子Fight!プロジェクト」を実施している若手女性農業者集団「LINKS(リンクス)」のメンバーがご出演されました。約40人いるメンバーのうち、溝口めぐみさん(深川市)、高木智美さん(京極町)、野見山絵美さん(三笠市)の3人がグラウンドに立ち、農作物を手に就農したきっかけややりがい、LINKSの活動内容をご来場者に向けて伝えました。高木さんのニンジン畑が5.5haと札幌ドームの建物とほぼ同じ面積であると説明されると、スタンドから驚きの声が上がりました。この日から20日(日)まで、各農家で収穫された新鮮な野菜が選手サロンでも提供されていて、野見山さんは「選手の皆さんのパワーの源になると思うと、とてもうれしいです」と顔をほころばせていました。

選手サロンには期間限定で「ニンニクとプチトマトのピクルス」「トマトとズッキーニのチーズ焼き」「麻婆茄子」「カットメロン」などがずらりと並べられ、試合に臨む選手たちが早速口いっぱいに頬張っていました。増井浩俊投手はメロンを皿いっぱいに盛り「本当に甘くておいしいです」とうなずきながら味わっていました。

20日までの「北海道シリーズ2017 HOKKAIDO be AMBITIOUS」期間中はオープンテラスで道内各地のグルメが14店舗出店。LINKSメンバーの皆さんが手塩にかけて育てたトウモロコシやアスパラガス、オクラなどを使った「バーニャカウダ」も販売されていますので、ぜひご賞味ください。8月24日(木)から3日間、さっぽろ東急百貨店南口エントランスでは14軒の農家が集結してLINKSマルシェが開催されます。ファイターズ選手も味わったおいしい野菜をぜひこの機会にお求めください。

コミュニティ一覧へもどる ニュース一覧へもどる