2018/03/22(木)コミュニティ

「第2回北海道スポーツ&エンターテインメント・カレッジ」を開催

北海道日本ハムファイターズは3月20日(火)、札幌市内で「北海道スポーツ&エンターテインメント・カレッジ」を開催いたしました。北海道日本ハムファイターズ15thプロジェクトの一環として、北海道のスポーツ&エンターテインメントの更なる活性化やイノベーションの創出について考え、新たな夢への挑戦を担う人材育成・開発を目的としたもので、今回は1月に続く第2回。主に北海道の企業や団体に所属する20~30代を中心とした約50名にご参加いただきました。

基調講演は、(株)北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)が「野球から学んだ組織と人材の成長」と題して行い、野球・人との出会いから学んだことを紹介。「失敗や挫折、喜びなどのすべての経験が今の自分をつくっている。過去の経験を糧に夢の実現に向け、頑張って欲しい」と約1時間、熱く語りました。

続いて「企業×メディア×スポーツの融合とその可能性」と題し、北海道テレビ放送(株)の福屋渉編成局長と(株)北海道日本ハムファイターズ事業統轄本部・森野貴史ゲストリレーション部部長によるパネルディスカッションが行われました。

講演後に行われた交流会では、「スポーツと企業」「メディアと企業」が融合して行ったプロモーションの事例のシェアが行われ、出席者からは「今後、自分たちの企業がスポーツやメディアを通して何ができるかという点を考えるきっかけとなった」といった声もあがりました。

北海道日本ハムファイターズでは、今後も新たな夢への挑戦の源泉である人材育成・開発を推進してまいります。

共催:(株)北海道日本ハムファイターズ・北海道テレビ放送(株)

関連リンク

コミュニティ一覧へもどる ニュース一覧へもどる