2010/12/03(金)チーム

テキサス・レンジャーズと契約の建山選手が会見
背番号は22に決定し、決意新たに抱負

 北海道日本ハムファイターズから海外フリーエージェント(FA)権を行使し、米国メジャーリーグのテキサス・レンジャーズと契約した建山義紀選手が12月3日(金)、札幌ドームで記者会見し、新天地への意欲を示しました。複数球団からオファーを受けた中からア・リーグ覇者のレンジャーズと契約に至った経緯について「交渉解禁日からブルペン陣にどうしても必要という有難いお話をもらいましたし、準備を考えると早く(移籍先が)決まり本当に良かったと思っています。投手陣の層が厚い印象があり、うまくフィットできれば」と語りました。

 背番号は要望通り、ファイターズで12年間背負ってきた22に決定。「メジャーに行くことが目標ではない。みんなからも活躍を祈っていると言われてますから」と話し、「日本よりストライクゾーンが外に広いので横の変化をうまく使いながら打ち取っていきたい」と思いを巡らせていました。年内は札幌市内で自主トレを続ける予定で、「弱かった時代も個人的にふがいない年も常に温かい声援をいただき、ファンの皆さんには感謝しています」とメッセージを残し、新たな舞台での飛躍を胸に期していました。

建山選手会見動画配信

ファイターズ公式携帯サイトでは、建山選手移籍会見動画を配信しておりますので是非ご覧ください。
公式携帯サイトアクセス方法

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる