ニュース
戻る
チーム 2011年1月27日配信

2011年チームスローガンは「ONE_1」




2011年の北海道日本ハムファイターズのチームスローガンが本日1月27日(木)、以下に決定いたしましたので
お知らせします。

「ONE_1」(読みは“ワン”)―。クライマックスシリーズ進出へあと1勝届かなかった2010年を省み、1プレーの重みを
一人ひとりが噛み締めてチーム一丸NO.1を奪い返します。

●題字
北海道坂本龍馬記念館顧問で郷士坂本家9代目当主の坂本登氏(北海道広尾町出身)が執筆。龍馬が幕末に世を去った後、土佐を離れた一族が新天地を求めたのは北海道でした。龍馬は存命中、手紙に「小弟はエゾへ渡らんとせし頃より、新国を開き候ハ積年の思ひ一世の思ひ出ニ候間、何卒一人でなりともやり付申べくと存居申候」と記し、たった一人でも北海道へ渡ると強い信念をにじませていました。激動の時代に立ち向かった龍馬が、晩年心を寄せた北の大地をフランチャイズとするファイターズは、坂本登氏が力強い書体で表現したスローガンのもと一つになり、頂点を目指して戦いに挑みます。

協力:北海道坂本龍馬記念館(函館市末広町8-6) http://www.ryoma1115.com/

函館市の坂本龍馬像とポーズを合わせる坂本登氏(右)と梨田監督

《梨田昌孝監督コメント》
「昨年は本当にあと1勝、1プレーの大切さを思い知ったシーズンでした。1球たりともおろそかにせず、ファンの皆さんとともに一つの方向に向かい一つにまとまって行きたいと思います。坂本さんがお書きになった字体が大変力強く、生きて躍っているかのよう。龍馬をはじめ坂本家の方々が感じられた北海道の魅力というものも再認識し、もっともっとファンを開拓していけるよう頑張っていきます。」

《坂本登氏コメント》
「坂本龍馬が志高く行動していたのと同様、一人ひとりが強い意志を持ち、それを一つに結集させて勝負に挑んでほしいと願い、精一杯力を込めて書きました。ファイターズが野球を通じて北海道を一つにし、元気を与える存在になってくれることを期待します。」

◆プロフィール…1937年2月6日、北海道広尾町生まれの73歳。坂本龍馬の兄権平(郷士坂本家4代)、北海道に渡った初代となる龍馬の甥・直寛(同5代)をルーツとする現9代当主。現在は東京都在住で防災設備会社を経営。函館市にある「北海道坂本龍馬記念館」顧問のほか、「全国龍馬社中」の理事も務める。

相席、よろしいですか? ファイターズ戦を徹底放送!スポーツチャンネルGAORA SPORTS ホクレン イオン北海道株式会社 ローソン弁当 陽編 観戦チケットはローソンで! ANA MITSUBISHI MOTORS KONAMI 洋服の青山 パ・リーグTV パ・リーグアプリ LOTO7×パ・リーグ セブンチケット マクドナルド球場イベントキャンペーン がんばろう!日本 野球日本代表 侍ジャパン