2008/10/29(水)ニュースリリース

三井ゴールデン・グラブ賞 今年も4選手が受賞!

守備のスペシャリストを表彰する「第37回三井ゴールデン・グラブ賞」の受賞者が本日2008年10月29日(水)に発表され、北海道日本ハムファイターズからは2006年の5選手、2007年の4選手に続いて今年も大量4選手が選ばれました。授賞式は11月26日(水)に都内で予定されています。

【投 手】 ダルビッシュ有選手(2年連続2回目)
「本当に僕でいいのかなと、自分が一番驚いています。この受賞を励みに、来年もしっかりプレーしていきたいと思います。」

【二塁手】 田中賢介選手(3年連続3回目)
「3年連続でこの賞をいただいたことは大変光栄です。これも自分がファーム時代からお世話になった多くの方々のお陰だと、感謝の気持ちでいっぱいです。来年も選んでいただけるよう、これからもしっかり取り組んでいきます。」

【外野手】 稲葉篤紀選手(3年連続3回目)
「ファインプレーもないですし、派手さはなくとも堅実にやってきた結果、評価していただいたことは有難いのひと言に尽きます。これを励みに、今後も向上心を失わず一生懸命取り組んで行こうと思います。」

【外野手】 森本稀哲選手(3年連続3回目)
「ミスが多く不満の残るシーズンだったので、素晴らしい賞をいただけるのは複雑なところですが、もらえるものはもらっとこ!!」

ニュースリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる