2014/06/29(日)チーム

宮西選手がプロ野球史上3人目の通算150ホールドを達成

北海道日本ハムファイターズの宮西尚生選手が本日6月29日(日)、東北楽天ゴールデンイーグルス9回戦(札幌ドーム)にてプロ野球史上3人目となる通算150ホールドを記録いたしました。2対2の同点で迎えた7回に4番手として登板し、1死から四球を出したものの後続を抑えて無安打無失点。入団7年目、通算386試合目での達成となりました。

昨年5月18日に到達した通算100ホールドから約1年で次の“区切り”に手が届いた宮西選手。好不調の波が小さく、常に大事な場面で投げ続けているからこそのスピード達成となりました。投手陣のリーダー格としての役割を果たしている左腕は「いつも勝負どころでマウンドに送り出してくれる監督・コーチに感謝しています。ホールドというものは、自分の力でどうにかできる記録ではなく、自分の前に投げているピッチャーの頑張りや、打線が援護してくれているからこそ作れる記録だと思うので、チームメート全員に感謝しています。この数字は通過点だと思っています。チームの勝利にひとつでも多く貢献できるように、これからもまだまだ頑張ります」と力強く話しました。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる