ニュース
  • トップ >
  • ニュース >
  • 稲葉篤紀氏がスポーツ・コミュニティ・オフィサーに就任 北海道日本ハムファイターズと専属マネジメント契約を締結
戻る
チーム 2014年12月24日配信

稲葉篤紀氏がスポーツ・コミュニティ・オフィサーに就任 北海道日本ハムファイターズと専属マネジメント契約を締結




2014年シーズンをもって現役を引退しました稲葉篤紀氏が、2015年1月1日(木・祝)付で北海道日本ハムファイターズの「スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)」に就任いたします。合わせて、このたび北海道日本ハムファイターズと専属マネジメント契約を締結したことをお知らせ申し上げます。

北海道日本ハムファイターズは企業理念に「Sports Community」を掲げ、スポーツと生活が近くにある、心と身体の健康をはぐくむコミュニティを実現するために、社会の一員として地域との共生をはかっております。グラウンド内外における同氏の模範的な振る舞い、メッセージ力、積極的に社会貢献活動に取り組んできた経験を踏まえ、ファイターズのCSR活動や、スポーツ文化振興の責任者(オフィサー)に適任と判断しました。

今後は稲葉SCOの以下の活動を通して、北海道での「Sports Community」づくりを推進してまいります。

スポーツ・コミュニティ・オフィサーとしての活動案

野球競技普及

ファイターズアカデミー活動への定期参加(背番号41のユニフォーム着用)、指導教材等への出演、指導書の監修、メディアを通じた野球の魅力伝達

CSRの推進

球団が行うCSR活動への参加、ファイターズ基金PR、選手会とのパイプ役としてチームが関わる新たな企画の立案、メディア・SNSを通じた積極的な広報展開、講演活動

地域連携

他スポーツ団体との交流、スポーツ環境整備に向けた行政・関係団体との協議、生活環境改善活動・地域コミュニティ活性化への寄与(福祉、まちづくり、食と健康)、エコプロジェクトなどの自然環境保全に関わる活動

専属マネジメント契約について

北海道日本ハムファイターズは、稲葉篤紀氏の経験、影響力、認知度を生かした様々な活動をサポートしていくため、専属マネジメント契約を締結いたしました。引退選手と同様の契約をかわすのは、今回が初めてのケースとなります。
現役選手に対して、球団は元来、広報活動やブランディング戦略、スケジュールや商標・肖像権の管理等を行っております。これまでに築き上げた稲葉氏の魅力や価値を、北海道日本ハムファイターズは今後も有しながら日本のスポーツ文化の向上や、地域活性化を推し進めてまいりたいと考えております。

サポートする主な活動内容

  • 1出演や実演に関連する活動
    • テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、書籍、インターネットその他マスメディアへの出演、およびこれら各種媒体への掲載を目的とするものを含む撮影や取材の対応
    • コマーシャルへの出演、その他第三者が行う宣伝広告活動への関与
    • イベント、催事、講演、映画、演劇、舞台、映像・音響制作物等への出演・実演業務、その他一切の芸能的な行為、活動
  • 2書籍執筆やその他の著作物創作および関連する各種活動
  • 3指導者としての活動、野球界・スポーツ界の発展に関する一切の行為・活動

マネジメントする業務

  • ブランディング戦略構築
  • イベント・講演会の企画運営、出版物の企画制作など
  • 本人の活動に付随する宣伝プロモーション、クライアント獲得
  • 第三者と交わす契約交渉
  • 肖像権、商標権、著作権等の管理業務
  • グッズの企画、制作、販売その他商品化に関する一切の業務および商品化権の管理
  • スケジューリング、ブッキングなど必要となる全ての事務処理、収支管理 など
ファイターズ戦を徹底放送!スポーツチャンネルGAORA SPORTS ホクレン レジェンドシリーズユニフォーム予約受付中! 観戦チケットはローソンで! ANA 洋服の青山 スポナビライブ パ・リーグTV パ・リーグウォーク パ・リーグアプリ セブンチケット JALに乗って素敵な賞品などが当たる! がんばろう!日本 野球日本代表 侍ジャパン 農業女子Fight!プロジェクト 熊本地震 チャリティーオークション