2005/01/07(金)B☆B'sコラム

【#14】相方不要(?)論

 新年明けましておめでとうございます!今年もこのB・Bコラムをよろしくお願いしますね。m(_ _)m

 さて、ここで今年の抱負でも語ろうかな~…なんて思ってましたけど、それもありきたりで堅苦しいし、年頭の挨拶もそこそこに早速今回の本題に突入しま~す。

 先日某スポーツ紙に、こんな記事が出ていました。↓(以下は要約)

****************************************************************
■「B・Bがお見合い!?/『ダンスのできる子が好み』」
B・Bが今オフに「お見合い」する可能性が出てきた。お嫁さんや子どもをつくってほしいとの要望が殺到。B・Bは「子どもの前にお嫁さん。ダンスができる若い子がいい」などと球団側に条件を提示しているもよう。
****************************************************************

 ………(苦笑)。

 いや~、これ読んで目がテンになりましたねー(^^;)。僕、いつ球団にそんな条件提示したんですか?当の本人(熊?)が知らないんだからビックリですよ、全く(笑)。
 確かに、試合の時や僕宛のファンレターの中で「B・Bは女の子バージョン作らないの?」って質問される事はよくあります。中にはご丁寧に彼女の名前まで考えてくれたり、「来年はお嫁さんを作って、再来年は男の子、その次は女の子を…」なんてファミリープランまで作ってくれる人もいて…(笑)。

 でもねー、ちょっと待って下さい!

 結論からハッキリ言っときます。 お見合いとか彼女を作るとか、そんな予定は今のところ全くありません。少なくともこのオフにそんな事をする可能性は皆無、ゼロです!!
 みんな、他の球団のマスコットがたいてい男性キャラと女性キャラのペアのケースが多いから、マスコットってフツーそういうモンだと思ってるのかなぁ?でも、良い「相方」を探すのってそんな簡単なモンじゃないんですよ。
 皆さんも、自分の立場に置き換えて良く考えてみて下さいな。結婚でも仕事でも、友達付き合いでも何でもいい。自分にとって大切なパートナーって、そう簡単に見つかるものじゃないでしょ?ましてや、僕らはお金を貰ってパフォーマンスを見せなきゃいけない立場。あんまり安易な考えで物事を進めたくはないんです。
 特に、僕達マスコットは言葉が喋れないから、お客さんの前に出たら相方とは「あうんの呼吸」が何よりも重要。慣れない相手と組んで呼吸が合わないと大変なんですよね…。いつも相方がどこで何をやってるのか気にしてなきゃいけないんじゃ、自分のパフォーマンスに集中しづらいし、自分がウケを狙いたい時に上手くかみ合わなくて、ネタそのものがスベってしまったりする事もある。

 まぁ確かに、女性キャラがいる事のメリットも少なくはないですよ。実際ちっちゃな子供の場合、男性キャラは目の前で見ると大きいんでコワくなってしまうけど、女性キャラだったら何とか大丈夫っていうケースもあるし、物理的にも1人多い方がその分多くのファンを相手に出来る。特に、最近始めた幼稚園・保育園訪問の時に感じるんだけど、園児の数が100人、200人単位になってくると、なかなか僕だけでは一人一人じっくり相手してあげる事が出来なくて申し訳ないな~…と思ってますからね。
 でも、僕の基本的な考え方は、マスコットは「量より質」です!ただ人数が多けりゃいいってモンじゃない。そりゃ、某有名テーマパークみたいに、沢山のキャラクター達がみんな揃ってバシッと素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるんなら話は別ですよ。でもいくら人数が多くても、グラウンドでみんながバラバラに動いてたんじゃあんまり見栄えも良くない。僕はむしろ、一人で自由にグラウンドを駆け回ってた方がB・Bらしさを存分に発揮出来ると思ってるし、人数が少ないというデメリットは、出来る限りお客さんの前に立つ回数と時間を増やす事によってカバーしてるつもりです(自分で言うのもアレですが、僕は他のどのマスコットよりも多くの時間お客さんの前に立ってると自負してますよ!)。

 まーそんな訳で、僕にお嫁さんや彼女が出来る可能性は当分のところ「ない」と断言しときます。ましてや「お見合い」なんて…!僕は結婚するんだったら恋愛結婚したい派ですしね(笑)。 もし将来、どうしてももう一人マスコットを増やす必要性を感じて、「彼女とだったら組める!」と僕が感じられるプロ意識を持った女性が見つかったら、その時は考えますけどね。それまでは、僕はピンでやらせていただきますんであしからず!