2006/03/18(土)B☆B'sコラム

【#28】弟

 「今月はコラムの更新が遅いなぁ…」と思われてた方、いるかもしれませんね(笑)。だけど、今回の更新を今日3月18日にしたのには訳がありまして。タイトルでもお分かりかとは思うけど、実はこの度僕の弟が鎌ヶ谷にあるファイターズのファームのマスコットとしてデビューする事になって、そのネーミング発表とファンへのお披露目が今日なんです。そんな訳で、今回はデビューの日に合わせてのコラム更新です――

 それではまず、皆さんにご紹介しましょう!弟の名前は「カビー」。カビー(Cubby)とは、英語で小熊を意味します。フルネームは「カビー・ザ・ベアー」、背中のネームは「C☆B」になってますけど、「シービー」じゃなくて「カビー」と呼んであげて下さいね。僕の場合は「ブリスキー」じゃなく「ビービー」と呼んで、って言ってるんだけど、それとは逆ですね。紛らわしくてスイマセン…(^^;)。でも、色々と「大人の事情」があってこういう形にせざるを得なかったんです(参考までに、このコラムの#2・#3あたりを読んでみて下さいね)。本当は背中にも分かりやすく「Cubby」って書きたかったんですけど…。まぁファンの皆さんにこの呼び名がちゃんと定着するまではちょっと大変かもしれないけど、本人(熊)に頑張ってアピールしてもらう他ないですね(笑)。
 彼の立場は「ファーム専属マスコット」。だから、当然の事ながら一番基本的な仕事は鎌ヶ谷でのイースタンリーグの試合への出演になります。一軍戦への出演は、東京ドームの試合も含め原則的にはありません。まだ小さいしパワー不足(?)なんで(笑)背番号もまだないし、当分の間鎌ヶ谷でファームの選手と共に泥にまみれて鍛えてもらいます!だから、僕と彼との接点と言えば、僕がたまに鎌ヶ谷に顔を出した時に共演するぐらいで、あとはほとんど別行動って事になっちゃいますね。
 彼には、僕と同様試合以外にも様々な場所で活動してもらう事になります。特に地元イベントへの出演や、幼稚園・学校・施設などの訪問は積極的にやってもらいたいですね。ただ、ファームという事と、いわゆるフランチャイズの兼ね合いから(鎌ヶ谷市のある千葉県は、千葉ロッテの「保護地域」内という事もあるので)、活動出来る範囲というのは僕に比べたらかなり制限されてしまうかもしれない。例えば、訪問出来る幼稚園や保育園にも数に限りがあるとかね。でも、カビーとも話し合ったんだけど、それならそれを逆手に取って、もっとファンとの「濃い」関係を作り上げていったらいいんじゃないかと。
 僕の目下の悩みは、会いたいと思ってくれるファンが増えれば増えるほど、一人ひとりとじっくりふれ合える時間が減ってきてしまうという事なんですよね。札幌ドームでファンの前に出ればすぐ長い列が出来てしまうし、幼稚園・保育園訪問にしても、まだ「順番待ち」の園が数十ヶ所もあるのが現状ですから。それだけ僕の事を想ってくれるファンがいるというのは、ある意味贅沢な悩みでもあるんですが…。ファンとの関係を濃密にしていく為に、もっともっとトライしてみたい事は沢山あるんだけど、まずは一人でも多くのファンに「会う」という一番基本的な事の方が先決ですから、なかなかそうも行かない。だから、その点カビーには色んな事に思い切りチャレンジしてみてほしいんです。あくまでも例えだけど、極端な話ファンの家まで遊びに行っちゃうとか、病気の子がいたら見舞いに行ってあげるとかね。実際僕も、時折(特に子供からの)ファンレターの中でそういう要望はありますよ。ただ、誰か一人だけを特別扱いする訳にもいかないんで、公平性という観点から申し訳ないけどお断りしてるんです。でも、ファームであればもしかしたらそんな事も可能かもしれない。
 今まで鎌ヶ谷に行く度いつも実感してたのは、スゴく選手とファンとの距離が近いなぁ…って事なんですよね。スタンドとグラウンドとの距離も近いし、試合が終われば球場の外で気軽に選手にサインをもらったり声を掛けたりする事も出来る。梨畑の広がるのどかな周辺の風景も相まって、なんだかいつもスゴく気持ちが癒されるんですよ(^^)。だから、カビーにはファームなりの良さと言うか、そういったファンとの「距離の近い」関係を築き上げていってほしいと思ってます。
 それから、ファームでも是非今後はマスコット交流を盛んにやっていってほしいですね。現在ファーム専用のマスコットがいるのは、湘南シーレックスとサーパスの2球団だけだけど、イースタンリーグに関して言えば、湘南の他に巨人や東北楽天もマスコットが試合に出る時が時々あるみたいなんで、積極的に交流していけばファンも喜ぶだろうし、他を見る事によって色々と刺激にもなって、お互いレベルアップしていけると思いますから(僕は特に、湘南の試合は良く見て参考にしといた方がいいよ、とカビーには言ってあります)。とにかく、彼にはこれからどんどん新しいアイデアを出していってもらって、ファームのマスコット界にも革命を起こしていってほしいですね。

 ところで、 鎌ヶ谷のファームにマスコットを、というアイデアは、実を言うと僕自身からの発想ではありません。最初去年の秋に球団からこの提案があった時、僕は正直迷いました。僕は以前ここでも「相方不要(?)論」というコラムを書いた通り、あまりむやみにマスコットを増やす事に対しては賛成じゃないんです(この点については後述します)。でも、鎌ヶ谷のファーム施設が今年でオープン10周年を迎えるのを機に、ファームの活性化を図って、より地域に密着した活動をしたいという球団首都圏事業グループからの要望もあり、最終的には賛成する事にしました。僕も毎年鎌ヶ谷には行っているものの、さすがに北海道からだと年2~3回が限度だし、常駐のマスコットがいた方が何よりファンにも喜ばれるかな、とも思いましたしね。
 ただ、鎌ヶ谷にマスコットを置く事について、僕は球団に対してあるお願いをしました。それは、決して安易な考えではマスコットを置いてほしくないという事。例えファームであれ、マスコットが単なる「客寄せパンダ」的なレベルでしかなかったら、ファンは絶対に気付くしすぐに飽きられてしまう。本当に愛されるマスコットにしたいのなら、ちゃんとマスコットとしての「ハート」を持っている者を、僕と同じく「球団直属」という形で置いてほしい、そう言ったんです。自分でやっててつくづく感じるんだけど、特にこの「球団直属」って部分はすごく重要ですね。本気で地域密着を図りたいのなら、前述の通りイベント出演や地元施設などへの訪問は積極的にやっていきたいところ。だからこそ、要請があればいつでも出動出来るような「フットワーク」が必要になってくる。それに、常にファンと接してる僕らだからこそ提案出来る、ファンサービスやパフォーマンスに関するアイデアってのがあるじゃないですか?そういった声がダイレクトに球団に届けられる環境っていうのは、良いモノを作り上げていく上では不可欠なんです。いわゆる「外注」だと、そういった点で様々な「壁」が出来てきてしまうので…。幸い球団にはその辺の主張は理解してもらって、「直属」の部分については了承を得ました。
 あとは肝心のマスコットとしての「ハート」の部分ですけど、これは逆に「それじゃあ、誰か心当たりはいる?」と聞かれたんで、僕がカビーを紹介したんです。さっき僕は彼について「まだパワー不足で背番号ももらえない」と書いたし、バク転とかが出来る訳でもないけど、ことハートの部分に関しては、カビーなら心配無用、僕が太鼓判を押します!彼がどれだけマスコットをしたがってたかは以前から聞いていたし、そうでなければ最初から球団には紹介しませんから。だから万が一、彼が鎌ヶ谷で手を抜いているような姿を見かけたら、その時は僕が責任を取りますんで、僕に苦情を言って下さいね!
 それから最後に、「B・Bはコラムで『相方不要』って言ってたじゃないか!」というツッコミが案の定いくつか耳に入ったので(笑)、それに対しての説明を。
 あのコラムで僕が書いた事は本当の気持ちだし、それは今も全く変わっていませんよ。ただ、僕があそこで一番言いたかったのは、ただ単に「相方は要らない」という事じゃなく、「クオリティを下げる結果になるようなら、安易な考えでキャラを増やしてほしくない」って事なんです。そこだけは皆さんにきちんと理解してほしいですね。だから今回のカビーのデビューについても、クオリティだけは落とす事がないように最大限心がけたつもりですよ。いくらファームとは言え、ファンに「なんだ、ファイターズはB・Bがエラそうな事言ってるけど、二軍のマスコットは大した事ないじゃないか」とは思われたくないですからね。
 それから、前述の通り僕とカビーとでは一年を通してほとんど別行動なんで、そういう意味でも「相方」を作ったとは考えていません。まぁ僕としては、「相方」ってのはただ単に「一緒に出演してるか否か」の問題じゃなくて、「ハートが通い合ってるか否か」が判断基準だと思っているので、そういう観点ではカビーが「相方」と言えなくもないんですけどね(笑)。
とにかく、彼には精一杯頑張ってほしい。選手同様、鎌ヶ谷で当分の間修行を積んでもらって、将来一軍に必要な「戦力」と認められるようになったら、北海道に「里帰り」なんて事もあるかもしれない。その時は、合併後の市町村数になる「180」を背番号としてあげてもいいな、なんてプランも考えてたりしますよ(笑)。まぁ、まだファイターズで何の実績もないうちからそんな「一軍切符」は当然確約出来ないし、万一実現してもまだまだ当分先の事にはなると思いますけどね。でも、マスコットの世界にもそういったストーリー性があっても面白いと思いませんか?(笑)ファンの皆さん、特に北海道には遠くてなかなか行けないと言う地域のファンの皆さんは、そんな彼に会いに是非鎌ヶ谷へ遊びに来て下さいね!