2007/06/26(火)B☆B'sコラム

【#43】行列の出来るマスコット

 …とは言っても、別に自慢話ではありません(笑)。
今回は、ファンの皆さん(ファイターズファンに限らず、すべてのマスコットファンに対して)聞いてみたい質問があります。皆さんの考える「マスコットとのベストなふれ合い方」とは、どういった形なんでしょうか?

 ――最近、球場でグリーティングをしながら、「これでいいんだろうか?」と思う事がよくあります。ここのところ年を追うごとに、球場でのグリーティング待ちの列は長くなる一方。最近はマスコット交流の機会も増えてるんですけど、特に相手マスコットが来た時などは場内整理が必要なくらい、僕達を取り囲むファンの数が増えています。これはこれで、喜ばしい事ですよ。球場に来てくれるファンが増えたと同時に、マスコット人気もそれだけアップしたという事の証しでもありますからね。ただ最近感じる疑問は、一人一人のファンとの「距離」が遠くなってしまってはいないか、一体これがグリーティングの理想形なんだろうか、って事なんです。

 3年前、北海道での初年度の頃から比べると、僕のグリーティング状況もだいぶ様変わりしました。以前は、僕はもっとランダムに球場内をあちこち歩き回ったり、一人一人とじっくりふれ合えていたような気がします。試合前のグリーティングも、ゲートの外に出て開場待ちの人の列に挨拶に行ったり、B・B's Roomがまだなかった頃は、試合中もスタンド内を歩いてグリーティングしていました。試合後も、今とは違う場所で帰りの駅に向かう人達を文字通り「お見送りする」ような形でやってましたし…。今はもう、札幌ドームでそうやって色々な形を試すのは難しいですね。僕がグリーティングに出ると、もうその時点で既にズラリと順番待ちの長い行列が出来上がってしまっているから、日によって場所や形を簡単に替えたり出来る様な状況ではなくなってしまった。
 どこへ行っても順番待ちの行列が出来るようになってしまったのは、一昨年くらいからですかね。特に去年後半あたりからはその傾向が顕著です。もちろん、僕に会いたいと思ってくれる方がそれだけ多いというのは嬉しい事です。ファンの立場からしてみれば、「いつ、どこに行けばB・Bに会える」というのがはっきりしている方が、分かりやすくて便利ですしね。

 相手マスコットが来た時によく驚かれるのが、「北海道のファンは、実に行儀よく整然と並んで順番を待ってくれる」ということ。でも実を言うと、マスコットが必ずしも常にこういった「列方式」でグリーティングしていく訳ではありません。むしろこのやり方はどちらかと言うと少数派で、多くの場合マスコットの周りを取り囲んだファンがランダムに写真撮影などをしていく、というやり方でグリーティングが行われてるみたいです。土地柄によっては「順番に並んで下さい」とお願いしてもなかなか言う事を聞いてもらえない所もあるみたいですし。実はこっちの方が、僕らマスコットにとってはやりやすいと言えばやりやすいんです。時間が来たらそこですぐ終わりに出来ますからね。列を作ってしまうと「列の最後まで対応しなければ」という義務感が生じるんで、「列方式」は敬遠される事も多い。僕も、相手球場に行った時は相手のやり方に合わせるんで、この「ランダム方式」でやる事が多いです。
 但しこの場合、「押しの強い」人ほど得をする事になってしまう。恥ずかしくてなかなかマスコットに声を掛けられない人、結構いるでしょう?そういう人は後から来た人にどんどん先を越されてしまいますからね。列方式なら、その点公平と言えば公平にはなります。しかしその代わり、公平さを保つ為に色々と気を遣わなくてはならない。順番を守らず横入りしようとする人に対する注意は常に必要だし、列をいつ・どうやって切るかの判断も非常~に難しい。前述した通り、列の最後までやろうとするとそこに「義務感」が生じてしまうんで、時間が迫ってくると物凄く焦るんですよ。今年からは、時間が来たら列の途中でも終了するやり方に変えてますけどね(但し、必ず事前に「グリーティングは○時○分までで終了です。それまでに対応出来なかった方はご了承下さい」と周知するようにした上で、です)。ただ、自分の手前で切られたお客さんは当然ガッカリするだろうし、「せっかく長い時間並んだのに会えなかった」という不満が出てきてもおかしくない。僕だって、列を途中で切るのは本当に心苦しいんですよ…。
 更に最近は、土日祝日に相手マスコットが来た時などは特に混雑がひどくなるんで、サインは不可とか、写真は1グループ1枚ずつだけにしてもらうとか、既に一度会いに来た方は二度目以降は遠慮してもらうとか、いろんな制約を設けないと列がさばけなくなる時も出てきました。いわゆる「常連さん」の中には、毎日試合前・試合中・試合後と3回必ず列に並んで僕と会っていく方も少なくないんですよ。これも他球場ではあまり見られない光景みたいで、他のマスコットに驚かれるんですけどね。僕もその心理は詳しくわからないですけど、その方達にとっては「B・Bに会って写真を撮る」という行為が一種の「儀式」のようになってしまっているのかもしれない。でも、一人でも多くの人とふれ合って新しいファンを「開拓」していくのも、僕らマスコットの大切な役目です。混んでない時は毎回会いに来てもらって一向に構わないんですけど、混雑が激しい時は、同じ人が二度三度繰り返し会う分を、違う二人三人に分けてあげてもらえると僕としてはありがたいんですよね。まぁこちらに強制力はないですし、それはあくまで個人個人の良識に任せるしかないんですけど。

 僕がいつから毎回列方式でグリーティングをするようになったのかは、自分でもよく覚えてません。僕がグリーティングをする上で理想としてきたのは、「出来るだけ多くのファンと、公平に、かつ心のこもったグリーティングをする」という事。その辺を考えて順番にやってもらっているうちに、律儀な北海道のファン気質みたいなものも相俟って、「列を作る」事がすっかり定着してしまったんだと思います。しかし皮肉な事に、公平性を保つ為にはどんどん制約を設けざるをえない状況になってきてしまった。それが、結果として僕とファンとの間の「距離」を遠ざけてしまっているんじゃないか――そう思える事が最近多分にあるんです。常に行列と時間に縛られながら、一人一人とじっくり「会話」もままならない状態の時が、最近は少なくない。僕だって、あれこれ制約を設けるのは決して本意じゃあないんですよ。たまにビジターや地方球場の試合に出て、フリーに動き回ったりファンとランダムにふれ合ったりすると、それが新鮮に思えたりする。「もっと形式ばらず、時にはランダムにやっていった方がいいのかなぁ?」と考える時もあるんです。

 自分で質問を投げかけておきながら、実はこの質問に確固とした答がないのは、自分でも承知しています。感じ方は人それぞれだし、それぞれの土地柄や球場の立地・構造とかによっても合うやり方は違ってくるでしょうから。どんなに公平にやろうとしても、どこかでひずみは生じてくるものだし、結局のところ、万人が納得出来るような「理想のグリーティング方法」はないのかもしれません。

 でも、この問題は僕達サイドだけでなく、皆さんの声も聞きながら考えていきたい。普段グリーティングを受けている側の立場として、ファンの皆さんが何を理想とするのかも聞いてみたいんです。札幌ドームではもう、今の行列スタイルが浸透してしまっているのは事実。この方法が北海道のファン気質に合っていると多くの人が思うのであれば、このやり方を続けていくかもしれないし、何か違った意見があるのなら、他のやり方も試してみる価値があるかもしれない。他チームファンの方の意見も聞いてみたいですしね。

 この機会に、皆さんもマスコットとの理想のふれ合い方を考えてみませんか?