2019/02/17(日)2019春季キャンプ情報

助っ人外国人

2月17日(日)名護キャンプレポート

「助っ人外国人」

全選手がそれぞれの立場でアピールを続けている今キャンプ。日本人選手に負けじと異国の地で慣れない環境の中プレーをする外国人選手の存在も忘れてはいけません。本日、あけみおSKYドームで行われた残留練習では、昨年、大きな期待を背負って来日し、10勝をあげたニック・マルティネス投手が一生懸命、練習に励む姿が見られました。現状に満足することなく、更なる高みを目指す右腕は、練習内容の意図をしっかりと理解し、人一倍の集中力を持って練習に取り組んでいました。練習が終わると、日曜日ということで多くのファンが訪れている中、ひとりひとりサインや写真撮影に応じ、「ありがとうございます」や「どういたしまして」と丁寧に答えていました。

阪神タイガースのキャンプ地である宜野座で行われた練習試合では、2回から新外国人のジョニー・バーベイト投手、4回からは2年目のブライアン・ロドリゲス投手、そして6回も新外国人のジャスティン・ハンコック投手が今年初めての実践に挑みました。バーベイト投手は2イニングを投げ、ヒットを1本許したものの無失点という素晴らしい投球を見せ、ロドリゲス投手は、甘く入った変化球をスタンドに運ばれ、2失点したものの持ち味である打たせて取るピッチングで順調ぶりをアピールしました。6回の1イニングに登板したハンコック投手は「いい緊張感の中、投げることができた」と振り返ったように、来日初登板で1失点はしたものの、登板後の表情には次回の登板に懸ける強い思いが滲み出ていました。攻撃面では、台湾で2度も4割以上の打率を残した王柏融選手が全打席出塁を記録するなど、好調をキープしています。

シーズン開幕までまだまだ時間はあります。それでも慣れない環境の中、必死にアピールを続ける外国人選手にも目が離せません。

本日の名護練習メニュー(PDF)

練習試合@宜野座

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 2 0 1 0 1 0 0       4 12 1
  阪神タイガース 1 0 0 2 0 1 0 0 0       4 7 0

バッテリー

北海道日本ハム
有原、バーベイト、ロドリゲス、ハンコック、上原、玉井-石川亮、黒羽根

本塁打

北海道日本ハム
大田(7回ソロ)

結果

FIGHTERS打撃結果

  打数 得点 安打 打点
(三) 淺間 5 1 3 0
(二) 石井 2 0 1 0
-二 渡邉 2 0 0 0
(中) 西川 3 1 1 1
-中 松本 2 0 0 0
(指) 2 1 2 0
-打指 横尾 2 0 0 0
(一) 清宮 5 0 2 2
(右) 森山 3 0 1 0
-右 大田 1 1 1 1
(左) 海老原 3 0 0 0
-左 杉谷 0 0 0 0
(捕) 石川亮 2 0 0 0
-捕 黒羽根 1 0 0 0
(遊) 平沼 2 0 1 0
-遊 谷内 2 0 0 0
合計 37 4 12 4

FIGHTERS投手結果

  回数
有原 1回 1 1 1 0 1 1
バーベイト 2回 1 0 1 0 0 0
ロドリゲス 2回 2 1 0 0 2 2
ハンコック 1回 2 0 1 1 1 1
上原 2回 1 0 1 0 0 0
玉井 1回 0 0 0 0 0 0

フォトギャラリー


  • 栗山監督、稲葉SCO

  • 試合前の円陣

  • タイガース矢野監督、栗山監督

  • 石井選手01

  • 有原投手

  • 横尾選手、有原投手

  • 森山選手

  • バーベイト投手

  • 淺間選手01

  • 西川選手

  • 王選手01

  • 清宮選手01

  • 清宮選手02

  • 石川亮選手

  • 淺間選手02

  • ロドリゲス投手

  • 石井選手02

  • 王選手02

  • 清宮選手03

  • 石川亮選手、ロドリゲス投手

  • ハンコック投手

  • 大田選手01

  • 大田選手02

  • 栗山監督

  • 上原投手

  • 渡邉選手

  • 玉井投手

  • ハイタッチする選手たち

  • 試合後ミーティング

  • インタビューを受ける清宮選手