2006/02/07(火)B・B'sコラム

【#27】故郷

 2月…一般のファンであれ球団関係者であれ、毎年2月1日を迎える時って、なんだか特別な気持ちになりませんか?まだまだ本当の春は遠いけど、選手達はいよいよユニフォームに着替えてキャンプが始まっている。僕はこの北の地でやらなければならない事が沢山あるんで、沖縄のキャンプに顔を出せるまでもうちょっと待たなければならないんだけど、ニュースや新聞でキャンプ情報を見るたびに、何だか置いてけぼりにされたような気分でウズウズしてくるんですよね(^^;)。
 札幌でオープン戦が始まるまで、あと1ヶ月弱。そして公式戦の開幕までは1ヶ月半とちょっとです!ただ、開幕が待ち遠しい一方で、この時期になるといつも頭を悩ますのが「今年は何をやろう…?」ということ。毎年同じ事ばかりやっていても、ネタが尽きるし飽きられる。だけど、「今年もまたコレを楽しみにしてるよ!」というファンの期待にも応えたい。この辺のバランスの取り方が難しいんです。でもね、今年は前からずっと温めていた構想があるんです。前にも「オフの宿題」でちょっと触れたけど、やっと実現出来そうな目途が立ってきたんで、この場を借りて皆さんにお知らせしたいと思います。

 …と、その前に…

 以前、このコラムの中で「212の行方」というタイトルで僕の背番号の由来について書いた時、僕が投げかけた問いかけを皆さんは覚えていますか?ファイターズが北海道に移転して来た当時の212市町村は合併によって数がだんだん減り、今年3月末の合併特例法の期限には、その数は最終的に180まで減る事になります。元々僕の背番号は、ファイターズが北海道全体の球団であれ…という願いを込めて付けたもの。じゃあ、今度市町村数が180に落ち着いたら、僕も背番号を180に変更するべきなのか?僕は皆さんがどう思うのか、あの時意見を聞きましたよね?
 あの後、僕はこの件に関してファンの皆さんから色々な意見をいただきました。それはファンレターの中であったり、インターネット上であったり、様々な形ではあったけど、大部分の方の意見は一致していたんです。「B・Bにはこのまま212を付け続けてほしい」と…。その理由の中には、「球団が北海道に来た時の背番号だから思い入れがある」「212は見た目的にバランスがいい」などのほか、「私の出身の町が今回の合併で消滅する事になって、悲しい思いをしています。だからB・Bにはせめて合併前の212のままでいてほしい」という声もありました。
 …そうなんですよね。実を言うと、僕も皆さんに問いかけながら同じ様な事を考えてました。確かに、最初は「212の行方」にも書いた通り、合併で数が減ったらその数に合わせればいいのかな?とも考えてましたけど、ファイターズのマスコットとして北海道のファンと共に2年間を過ごして来て、やっぱりこの数字には特別な愛着を持つようになってきたんです。だから皆さんに問いかけておきながらも、心のどこかでは「212のままでいてほしい」という声を待っていたのかもしれない。  皆さんの声を聞かせてもらった以上、僕にはしっかりここで答えておく必要があると思う。本当は僕の一存だけで決められる事ではないけど、僕は球団やファンの皆さんから「背番号を変えた方がいい」と言われるまでは、このまま「212」を背負い続けていこうと思います。きっとそれが、一番多くの人が、そして僕自身も納得する答だと思うので…。

 なぜここでこの話をしたかと言うと、実は僕が今年始めようと思っているプロジェクトとは、この「212」に大いに関係がある事だからなんです。そのプロジェクトとは…題して「212物語」。球団移転当時の212市町村を、僕が全て訪問して回るという企画です。もちろん合併によって名前の消えてしまった町村も、「1ヶ所」として数えます。そして、僕が各地の名所や面白いものを紹介したり、地元の人とふれ合う機会を作ったりして、そのロケの様子を札幌ドームでの公式戦の試合中、今まで「スイングスイング」を流していた枠、8回表終了後のイニング間にビジョンで放映する…といった感じです。
 「え?スイングスイング終わっちゃうの?」と思われた方、ちょっと待って下さいね!(^^;)確かに「212物語」はスイングスイングの「後番組」という位置付けですけど、結構多くの方がスイングスイングを楽しみにしてくれてた事も知ってるんで、スイングスイングもちゃんと続けるつもりですよ。比率としては、「212物語」では1年に約30市町村を訪問して、大体7年かけて全ての市町村を訪問する。1年間にもっと多くの場所へ行ければ7年もかからずに済むんだけど、1日1ヶ所ロケするとして、月3日×10ヶ月=年間30日間(30市町村)のロケ。僕のスケジュールは今でももうかなり一杯一杯な状態なんで、ロケのスケジュールを押さえるのはこのぐらいが限度なんです。そして1回で紹介しきれない市町村は前編・後編に分けて、年間約45試合ぐらい「212物語」を放送。今年の場合札幌ドームでの試合は57試合だから、残り12試合はスイングスイングをやる…って感じでどうでしょう?(ちなみに東京ドームの試合では、今まで札幌で放送したスイングスイングを見られなかった方達の為に、スイングスイング名場面の総集編みたいなものを放送したいと考えています)  「スイングスイングの方が面白かったのに…」と思う方もいるとは思うけど、面白いものはネタが尽きて「最近つまらなくなったよね」と言われる前に、ある程度の見切りを付ける事も必要。それに、僕は今どうしてもこの「212物語」を始めたいんです。

 僕は旅が好きなんで、たまに3日ぐらいまとまった休みが取れると、時々ブラッと道内をあてもなく旅に出かける事があるんですよね。皆さん知っての通り、北海道は本当に広い。札幌からだと車でも半日近くかかる場所もあるし、離島まで行こうとすると1日がかりになってしまったりする。でも、ファイターズは「北海道」のチーム。どんなに遠く離れた町でも、僕達の「ホームタウン」なんです。札幌周辺はもちろんの事、公式戦の行われる旭川・函館・帯広・釧路などでは着実にチームが根付いてきているのは肌で実感しているけど、本当に道内隅から隅まで球団が浸透しているのかと言うと、まだまだだと言わざるを得ません。実際札幌まで行くのに半日もかかるような土地に住んでる方にファイターズの話をしても、まだピンと来ない人も多いかもしれない。でも、逆に言えばそれは「チャンス」でもあるんです。北海道全体の人口は約565万人。これだけの大きな「受け皿」がまだ残されている。今僕達がこの受け皿を地道に「開拓」していけば、きっと将来ファイターズが真の意味で「道民球団」と胸を張って言える日が来るんじゃないのかな、と思うんですよね。正直な話、今はまだ人気選手頼みの部分が多いかもしれない。だけど、本当は超人気選手がいようがいまいが、チームが強かろうが弱かろうが(もちろん強いに越した事はないけど)、いつでも北海道全域から沢山のファンが応援に来て、スタンドを埋め尽くしてくれる…そんな姿が僕達の理想なんです。僕がその為にどれだけ力になれるか分からないけど、やれるだけの事はやってみようと。それがこの「212物語」なんです。
 ただ、正直言って今は不安だらけですね…。果たして上手く行くのだろうか?って。札幌近辺では、幼稚園・保育園訪問やイベントなどでかなりの手応えは掴んでるんだけど、遠く離れた土地の人達が、どれだけB・Bを知ってくれていて、心から「ウチの町に来てほしい」と思ってくれるのか…。それに、各市町村の名所や特産品・イベントなどのいわゆる「売り」には当然季節の限定がある。僕がかなり限られたスケジュールの中で組んだロケの日程に、果たしてそれが上手くハマるのだろうか?各地の名所やふれ合いを球場で放送すると言っても、スイングスイングに取って代われるような楽しい映像に出来るのか?そして、「ファイターズに関心を持ってもらって、球場に応援に来てもらう」という最終的な目標にどれだけつなげられるのか…?
 そういった不安を上手く乗り越える為には、どうしても各市町村の皆さんのまとまった協力が必要なんです!本当は市町村役場などの自治体単位で協力してもらえれば理想なんだけど、市町村役場に限らなくても、例えば地元後援会・商工会議所・教育委員会など、撮影がスムーズに進むよう協力してくれたり、アイデアを提供してくれたりする事が可能な団体だと有難いですね。そして、せっかく出掛けるのであれば、ただ「行って来ました」という自己満足だけで終わらずに、地元の方々と30分でも1時間でも、撮影の合間にふれ合える場を作りたい。そして放映日に合わせて、町の人々が団体で札幌ドームまで見に来てもらう…そんな場所を提供したり、呼びかけをしてくれる方達が、声を掛けてくれるのを心待ちにしています。個人レベルで「B・Bに私のまちに来てほしい」という方もいるかもしれないけど、個人単位でそういった協力体制を作るのは難しいと思うので、もしそういった方がいたら、まずは球団に問合せをしてみて下さい。詳しくはB・Bニュースや球団インフォメーションなどをチェックしてみて下さいね。

 成功すれば7年がかりの壮大なプロジェクトになる、この「212物語」。もちろん公式戦、ビジター応援、幼稚園・保育園訪問、イベント出演など今やっている仕事もそのままのペースでこなしながらになるんで一層忙しくなりそうだけど、これからどれだけ沢山の場所でどれだけ沢山の人々と出会えるのか、ロケ自体を楽しみながらやっていきたいと思います。どんなに離れていようが、どんなに交通の便が悪かろうが、そこが道内である限り僕は出掛けるつもりですよ。僕達にとっては、北海道の全てが「故郷」なんですから。