2018/02/22(木)2018春季キャンプ情報

アピール

2月22日(木)名護キャンプレポート

「アピール」

【天候/曇り時々雨 気温/17℃ 観衆/100人】

サムスンとの練習試合は4投手が無失点リレーで仕上がりの良さを印象づけました。

先発は吉田投手。力強いストレートでぐいぐいと押しました。4イニングを投げ、三塁を踏ませない上々の内容で、「自分の持ち味を出せました。真っすぐをいい感じで投げられ、甘いコースに行っても打ち取ることができました」。直球に強い韓国の打者に対しても、ひるまずに直球で抑え込み、手ごたえを得た様子でした。

5回から登板した2番手の斎藤佑投手も粘り強さを見せてくれました。味方のエラーと自らの四球でランナーを出しましたが、後続を抑えて無失点。6回も無失点に封じ込め、対外試合は6イニング連続無失点とアピールしました。「開幕へ向けて、無失点を続けられるようにしたいです」と意気込んでいます。

先発ローテーション入りを狙う両投手。ともに無失点の好投を見せてくれただけに、次回の登板が楽しみです。

さらに、中継ぎで登板した堀投手と公文投手の左腕2人も抜群でした。

堀投手は右打者の内角をずばっと攻める直球がさえわたりました。2イニング目の8回は3者連続で見逃し三振。ストライクゾーン内角ぎりぎりに食い込むボールに、相手打者は手が出ませんでした。公文投手も9回を三者凡退に抑え、充実した表情でマウンドを降りました。

ファイターズが2年ぶりのパ・リーグ制覇を成し遂げるためには投手陣の活躍は欠かせません。先発の柱だった大谷投手、守護神の増井投手が抜け、空白となったポジションに名乗りを上げようと投手陣は目の色を変えて取り組んでいます。栗山監督を悩ませるぐらいのハイレベルな競争を繰り広げてくれれば、チーム力は確実にアップするはずです。

本日の名護練習メニュー(PDF)

練習試合@赤間

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 3 3 1 0       7 10
  サムスン 0 0 0 0 0 0 0 0 0       0 2

バッテリー

北海道日本ハム
吉田、斎藤佑、堀、公文-近藤、黒羽根、市川

本塁打

北海道日本ハム
黒羽根(6回3ラン)

結果

FIGHTERS打撃結果

  打数 得点 安打 打点
(遊) 石井一 4 1 3 2
(二) 太田 2 0 0 0
-打二 渡邉 2 0 0 0
(中) 西川 2 0 1 0
-走三 森本 2 1 0 0
(捕) 近藤 2 0 0 0
-捕 黒羽根 2 1 1 3
-捕 市川 1 0 0 0
(指) 實松 2 0 0 0
-打指 高濱 2 1 1 0
(三) 平沼 2 0 0 0
-右 1 1 0 0
(一) 今井 2 0 1 0
-打一 大嶋 2 0 2 1
(右)左 姫野 4 1 0 1
(左)中 大累 3 1 1 0
合計 35 7 10 7

FIGHTERS投手結果

  回数
吉田 4回 2 0 2 1 0 0
斎藤佑 2回 0 0 3 2 0 0
2回 0 0 4 0 0 0
公文 1回 0 0 1 0 0 0

フォトギャラリー


  • 淺間選手

  • 清宮選手

  • 吉田投手

  • 西川選手

  • 今井選手

  • 石井一選手

  • 黒羽根選手01

  • 黒羽根選手02

  • 斎藤佑投手

  • 黒羽根選手、斎藤佑投手

  • 大嶋選手

  • 堀投手

  • 黒羽根選手、堀投手

  • 高濱選手

  • 公文投手

  • ゲームセット

  • 高橋憲投手コーチに指導を受ける堀投手

  • 試合後の西川選手

  • 試合後の平沼選手