CONCECT CONCECT

シリーズ・コンセプト:北海道シリーズ2017『WE LOVE HOKKAIDO』

「北海道シリーズ2017『WE LOVE HOKKAIDO』」の限定ユニフォームは、1977年の公開から40年を迎えた、北海道を舞台に日本を代表する映画となった「幸福の黄色いハンカチ」のシンボルカラーをモチーフに「ハッピーイエロー」をコンセプトに制作いたしました。限定ユニフォームを着用し登場した大谷翔平選手は「配色が斬新でみんなで着たら色鮮やかだなと思います。込められた思いを背負って頑張りたいですし、黄色く染まった満員の札幌ドームが見てみたいです」と語っていました。

「北海道シリーズ2017『WE LOVE HOKKAIDO』では、「HAPPY プロジェクト」と題し、レプリカユニフォームの収益の一部を夕張市に寄付するなどの活動を通じて、今年3月で財政破綻から10年を経た夕張市の地域再生にも貢献してまいります。この日、スペシャルゲストとして登場した鈴木直道夕張市長は「財政破綻して落ち込んだ2006年も10年の節目となった2016年もファイターズの日本一に勇気をいただきました。大谷選手にならい、財政の再建、地域再生の二刀流で夢と希望あふれる夕張を取り戻せるよう、プロジェクトにご支援いただけたら」と話していました。

今後、発表される予定の様々なシリーズ企画を通じてファンの皆様へ北海道の魅力をお届けしてまいります。

ユニフォーム・コンセプト:「ハッピーイエロー」

北海道を舞台に撮影が行われ、1977年の公開から40年を迎えた不朽の名作「幸福の黄色いハンカチ」のシンボルカラーをモチーフに、イエローは「太陽」、ブルーは「空」を表し、「連覇」というさらなる高みを目指す向上心やポジティブなチャレンジスピリットを表現しています。