異色経歴社員が語る、BP構想への想い。
2019年8月「NumberWeb」に掲載(名称等は当時のもの)
宮田文久=文 (text by Fumihisa Miyata)
松本輝一=写真 (photographs by Kiichi Matsumoto)
「世界がまだ見ぬボールパークをつくろう」――そう謳われる画期的な空間が、北の大地に生まれようとしている。2023年、北海道日本ハムファイターズの新本拠地として北海道北広島市で開業予定の「北海道ボールパーク(仮称)」だ。
3万5000人を収容する国内初開閉式天然芝球場、という要素だけでも十分魅力的だが、「北海道ボールパーク」が目指すのはそれだけではない。球場を中心に、様々なアクティビティや機能・施設で構成される計画で、まちづくり、都市計画という大きなテーマを持った空間を創造する構想が進められている。
「Sports Community」の象徴に。
その「北海道ボールパーク」で、プロジェクトチームの中心のひとりとなっているのが、北海道日本ハムファイターズ事業統轄本部事業企画部ディレクター・小川太郎さんだ。北海道に根をおろして久しいファイターズが、また新たな一歩を踏み出す今回のプロジェクト。その担い手へのインタビューであるこの取材の冒頭、彼はこう語り出した。
「2004年に北海道で新たな球団として誕生してから、今年で16年目を迎えました。我々の企業理念は『Sports Community』。スポーツと生活が近くにある、心と身体の健康をはぐくむコミュニティの実現を目指すというものですが、北海道の皆様からご支援をいただきながら成長できた今、『Sports Community』の象徴となる自前の球場を持つことによってこれまで以上に地域社会へ貢献するという、次のステップに向かってチャレンジしているんです」
「北海道のシンボル」にしていきたい。
ボールパークをめぐっては、バラエティ豊かな「体験」をデザインすべく、さまざまなアイデアが温められている。露店などが立ち並び、球場までの往復そのものが憩いへとつながるストリート。木々が取り囲む中で、一日中ゆったりと過ごせるマーケット。昨今人気となっている、高級宿泊施設並みの環境で、通常のキャンプのような手間なく自然を満喫できるグランピングなどが構想されている。
「球場単体、つまり点ではなく、スポーツと市民の生活が常に近くにあって、エリア一帯がコミュニティとして成長できる、そんな“面”としての街づくりを進めています。また、その過程で地域や社会が抱える様々な課題の解決契機を提供できるような場となることを目指しています。
そして私たちは、このボールパークを『共同創造空間』だと考えています。球団独自にではなく、地域の方、事業のパートナーの方々に参画いただくことで、このボールパークは本当の意味で実現する。そうした空間として、『北海道のシンボル』にしていきたいのです」
2023年以降も見据えたプラン。
議論を重ねながらカタチにして来たビジョンを現実のものとするべく、小川さんは球場を手掛ける建設会社(大林組)および設計事務所(米国HKS,Inc.)との折衝の窓口となっている。このように空間の中心となるハードをきちんと具現化しつつ、スタジアムの周囲のアクティビティを段階的に拡充していくために、開業となる2023年以降も見据えながら、段階的なプランを練っている最中だ。
「球場をビジョンに則した設計・施工とするために、大林組、HKS両社と、球団側の専門部署の間でのやりとりを統轄する役割を担っています。その一方で、球場の周囲の空間において、どのような事業パートナーの方に参加いただけるか協議を重ねながら中長期的なマスタープランを描いている段階です」
海外の名物スタジアムで得た知見。
そんな小川さんは、非常に興味深い経歴を持っている。スポーツ好きの帰国子女だった彼は、学生時代よりスタジアムという存在に魅せられながらも、2017年にこのプロジェクトに参加するまで、スポーツビジネスの専門家ではなかったのだ。
「少年時代からサッカーが好きだったんですが、強豪高校のサッカー部に入っても芽が出なかった。それでもスポーツに携わりたい、どうしようかと考える中で、スポーツビジネスに興味を持つようになったんです。
大学のゼミでは、特に海外のスタジアムに足を運び、強く興味を惹かれました。たとえば、MLBボストン・レッドソックスの本拠地、フェンウェイ・パーク。球場が、隣り合うストリートと一体化したボールパークです。FCバルセロナを見に行ったチャンピオンズリーグでも、カンプノウの熱狂に感動しました。今でこそ経産省とスポーツ庁から『スタジアム・アリーナ改革』が提言されていますが、こうした“リアルな空間”は、これから日本のスポーツビジネスにおいても伸び代があると感じ、将来的に手掛けたいと思うようになったのです。
ただ、大学卒業当時はどの方向に進めばスタジアムをつくることができるのかわからなかった。まずは海外で働いて経験を積むことから始めようと、大きなプロジェクトを手掛ける商社に入社したんです」
スポーツは人が“集い”、何かに“出会う”。
約7年の月日を商社で過ごし、東南アジアでのプラント建設という大規模かつ多国籍メンバーで構成されるチームで推進するプロジェクトに携わった。その仕事に夢中になりながらも「いつかスタジアムを」という思いが、再び首をもたげる。小川さんは2年間、スペインのバルセロナにMBA留学することを決めた。
「新鮮な環境で学びながら、じっくりと物事を考える時間をとりたかったんです。欧米の先進的なスタジアム事例をスタディしながら卒業後の進路を意識して設計会社、競技団体、代理店など様々な人たちに話を聞いていた時に、ひょんなことをきっかけに北海道ボールパークというプロジェクトのこと、そしてそこでメンバーを探していることを知りました。
コミュニティの創出にスポーツが役立つ――そうしたまちづくりの側面が大きいこのプロジェクトに、一気に惹かれました。スポーツは、人が“集う”ものです。そしてスポーツにかかわるということは、人が何かに“出会う”ということだとも思うんです」
まさに出会いによって、北海道ボールパークに傾注することになった小川さん。プロジェクトの全体像が少しずつ明らかにされつつある今、練りに練ったアイデアが徐々にオープンになっていくプロセスは、とても楽しく刺激的なものだという。
photograph by Tomoki Hamano
さまざまな専門家を新たに募集。
このたび北海道ボールパークのプロジェクトチームは、さまざまな分野の専門家を新たなメンバーとして募集する。「これからマスタープランを“実装”していくにあたって、専門領域に秀でた方々の力が必要になってきます」と、小川さんは呼びかける。
「一般的な意味におけるスポーツの専門家の方だけではなく、スポーツの外の領域の方々から、ぜひ目を向けていただけたら嬉しいです」と彼が語るように、本プロジェクトの至るところで、“外”の知見が生かされる場がありそうだ。ウェルネスやモビリティなど、このプロジェクトはスポーツに限らず幅広いビジネス分野で注目されるキーワードに満ちているからである。スポーツビジネスに多彩な人材が集まる昨今は、スポーツの価値が新たに捉え直されつつある時代でもあるのだろう。
そして地域から寄せられる期待も、並々ならぬものがある。このボールパークのみならず、北海道新幹線が2031年春には札幌駅まで延伸される予定であり、その直前の2030年冬季オリンピックは、札幌市が招致を目指している。こうした盛り上がりを背景としつつ、「球場(スポーツ施設)を起点としたまちづくり・地域活性化のベンチマークになれば」と小川さんが語るように、他の地方都市においても援用可能なモデルケースとして機能させていくためにも、多くの力が必要となる。
「世界がまだ見ぬボールパーク」は、中心にいるプロジェクトメンバーでさえもまだその全貌を描き切れていない。その未知の地平を、手を携えて進むべく、どんなメンバーに集まってほしいのか。小川さんに最後に尋ねてみた。
「現在のプロジェクトメンバーは球団生え抜き社員に加え、かつてベンチャー企業の社長を務めた人から、投資銀行、ITコンサル、広告代理店、メーカー、一級建築士に至るまで多種多様なキャリアバックグラウンドを持つ人間が集い、各々の強みを掛け合わせながら融合しています。なによりも、このプロジェクトを”自分ゴト”ととらえてチャレンジすることに生きがいを覚える人たちばかりであることを、非常に心強く感じています。
私たちのビジョンに共感し、強い当事者意識を持って共に夢を実現してくださる方々と出会えれば、と願っています。このプロジェクトチーム自体もまた、『共同創造空間』ですから」
プレエントリーする
※プレエントリー完了後、本エントリーの案内メールをお届けします
本エントリーは3/31(火)23:59締切

© Fighters Sports & Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved.