2017/10/23(月)みやざきフェニックス・リーグ

四国アイランドリーグplus選抜 vs 北海道日本ハムファイターズ

みやざきフェニックス・リーグ

四国アイランドリーグplus選抜

ホーム(後攻)

試合終了

0-9

12:30

清武第二

北海道日本ハムファイターズ

ビジター(先攻)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 1 4 4 0 0 0 0 0       9 12 1
  四国アイランドリーグplus選抜 0 0 0 0 0 0 0 0 0       0 4 1

責任投手

  • 勝利 吉田(北海道日本ハム)
  • 敗戦 岡部(IL選抜)

本塁打

  • 北海道日本ハム
    平沼(3回ソロ)、森本(3回3ラン)
  • IL選抜
    なし

スターティングメンバー

北海道日本ハムファイターズ

打順 位置 選手名
1
2 平沼
3 石井一
4 横尾
5 大嶋
6 渡邉
7 森本
8 清水
9 姫野
- 吉田

四国アイランドリーグplus選抜

打順 位置 選手名
1 橋本
2 井戸川
3 四ツ谷
4 稲垣
5 久保
6 安藤
7 森田球
8 垂井
9 森田吉
- 岡部

広報レポート<1週間ぶりの試合>

昨日までの激しい雨模様から一転、宮崎には青い空が広がり強い日差しが照りつけました。選手たちは5試合連続で雨天中止になった鬱憤を晴らすかのように12安打9得点の猛攻でフェニックス・リーグ3勝目を挙げました。3回の攻撃、平沼選手の右越えソロ本塁打が号砲となり、後続の石井一選手と横尾選手が出塁すると2死一、二塁から森本選手が左越え3ランを放ち、一挙4点を奪いました。

本塁打を放った平沼選手の次の打席は、無死一、二塁のチャンスで回ってきました。チームから出たサインはバント。命じられた通り自らが犠牲になり走者を次の塁に進めました。簡単に見えて実はプレッシャーの大きいシチュエーション。そういう意味では、この打席での収穫は大きかったことでしょう。一軍に上がったときに求められることを常に想像しながらプレーしていることが伺えます。プレースタイルを明確にしつつ、自分の特長をアピールする。将来を嘱望される平沼選手、ここで大きな経験値を得て欲しいものです。

フォトギャラリー


  • メディシンボールでトレーニング

  • 変顔をする石川直投手

  • カメラ目線の白村投手

  • ブルペンで投げ込む井口投手

  • 打席に立つ清水選手

  • 打席に立つ姫野選手

  • 先発の吉田投手

  • 右越え本塁打を放った平沼選手

  • 本塁打を放った森本選手

  • 途中出場の太田選手

  • 中継ぎでマウンドに上がった堀投手

  • 4番を打つ横尾選手

  • 2安打の渡邉選手

教育リーグ・練習試合 結果に戻る