2019/11/26(火)チーム

NPBアワードで有原、宮西、近藤の3選手が表彰

日本野球機構(NPB)の年間表彰式「NPB AWARDS 2019 supported by リポビタンD」が11月26日(火)、東京都内のホテルで行われ、北海道日本ハムファイターズからは有原航平投手宮西尚生投手近藤健介選手の3選手と、「ファーム表彰式」では平沼翔太選手が出席して表彰を受けました。

タイトルを獲得した3選手

入団5年目で自身最多の15勝を挙げて最多勝利投手賞に輝いた有原投手は、同一リーグにひしめく剛腕のライバルたちを抑えての価値ある初受賞になりました。「個人的には1年間を通して、安定した活躍はできました」と、来シーズンの飛躍を誓っていました。44ホールドポイントで2年連続3度目の最優秀中継ぎ投手賞をつかんだ宮西投手は「タイトルを獲得できたことは良かったですが、チームの成績と比例させたい」と、今後も鉄腕ぶりで支える覚悟を示していました。

ファイターズの野手ではただ1人のタイトルホルダーが近藤選手。昨年はパ・リーグのベストナイン(DH部門)に選ばれ、今年は.422で最高出塁率者賞を獲得しました。「2019 世界野球WBSCプレミア12」でも、その特長を生かして世界一に貢献した近藤選手は「チームにとっては必要なことはできたかな、とは思います。ただ首位打者を獲得したかった」と期していました。表彰式の第一部として行われた「ファーム表彰式」にはイースタン・リーグ優秀選手賞を受賞した平沼選手が出席し「来年こそは1年間を通して1軍で試合に出場し、今年以上のパフォーマンスを発揮したい」と励みにし、ブレークを約束していました。                    

表彰を受ける平沼選手

平沼選手

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる