2010/01/17(日)球団からのお知らせ

訃報

北海道日本ハムファイターズ投手コーチ、小林繁氏が本日1月17日(日)午前11 時、心不全のため福井市内の病院で逝去されました。享年57歳でした。

鳥取県出身。由良育英高校から全大丸をへて1972年に読売入団。1979年阪神に移籍し、1983年に引退する間に右横手の独特なフォームで139勝95敗17セーブをマークし、最多勝1回(1979)沢村賞2回(1977・79)など輝かしい成績を収められました。

近鉄投手コーチ(1997~2001)韓国SK2軍投手コーチ(2007)をへて2009年に北海道日本ハムファイターズファーム投手コーチに就任。昨シーズン、糸数選手をはじめ小林コーチの指導によりファームで力をつけて芽を出した投手がリーグ優勝に貢献したのはファンの皆さまのご記憶に新しいところではないでしょうか。今シーズンはその指導力が1軍で発揮されるものと期待を寄せていました。

球団一同、心よりご冥福をお祈り申し上げます。


2009年春季キャンプで投手陣に指導する小林コーチ(左)

ブルペンで投手陣を見つめる小林コーチ

梨田昌孝監督:
「小林投手コーチの訃報に接し、まだ若く、あまりにも突然のことで大変驚いておりますとともに痛惜の極みであります。昨日は日本ハム本社イベントでお会いをし、いつもと変わらぬ元気なお姿を拝見していただけに本当に信じられない思いです。昨シーズンはファームにおいて指導力を発揮され、何人もの投手がその才能を飛躍的に伸ばしました。今シーズンは日本一奪回のため1軍で小林さんの力をお借りしなければならないと思っていた矢先のことで本当に残念でなりません。心よりご冥福をお祈り申し上げます。」

藤井純一球団社長:
「突然の訃報に球団一同、哀悼にたえません。我々のみならず野球界において残念至極なことでございます。2月の沖縄キャンプよりその熱意で投手陣をひと回りもふた回りも大きく成長させていただけると信じておりましただけに、痛恨のいたりであります。今は小林コーチの思いをチーム全員で引き継いでいかねばならないと感じております。心よりご冥福をお祈り申し上げます。」

ダルビッシュ有選手:
「昨年は一軍、ファームと分かれておりあまり話す機会はありませんでしたが、とても熱意のある方だと聞いていました。今年は一軍投手コーチに就任され、同じ舞台で戦う事になっていたので訃報を聞いてとてもショックを受けています。心よりご冥福をお祈りします。」

球団からのお知らせ一覧へもどる ニュース一覧へもどる