2010/10/07(木)球団からのお知らせ

訃報

日本ハムファイターズ元監督、大沢啓二氏が本日10月7日(木)午前7時25分、胆のうがんのため東京都内の病院で逝去されました。享年78歳でした。

神奈川県出身。神奈川県立商工高校、立教大をへて1956年、右投右打の外野手として南海(現:ソフトバンク)に入団。1965年に東京(現:ロッテ)に移籍し、同年現役を引退されました。10シーズンで通算988試合に出場して501安打17本塁打191打点。

現役引退後は東京・ロッテで打撃コーチや監督を歴任し、1976年に日本ハムの監督に就任。「ハム」を由来とする背番号86を背に情熱あふれる指導でチームを鍛え上げ、1981年には東映時代の1962年以来19年ぶりのリーグ優勝へと導かれました。

1985年から1992年までは球団常務。充実したファーム施設を持つことがチーム強化につながると熱心に説き、「ファイターズタウン鎌ケ谷」誕生の礎を築かれました。
貫禄のある容貌と親分肌の性格から“親分”の愛称で親しまれ、監督退任後もプロ野球評論家としてご活躍されました。鋭い意見をプロ野球界に投げかける姿は、ファンの皆さまのご記憶に末永く残ることでしょう。

球団一同、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

■大社啓二オーナー

「大沢元監督のご逝去にあたり、心よりお悔やみを申し上げます。ここ数週間、日曜日の朝の番組をお休みされていたので心配しておりましたが、今朝の訃報を聞き大きな支えを失った気がいたします。日本ハムファイターズ時代の唯一の優勝監督であり、球団の取締役も長くお務めを頂きました。また退団後もファイターズを愛する熱烈なサポーターとして、あらゆる場面で叱咤激励を頂戴し、私自身も幾度となく気持ちの引き締まる思いがいたしました。今後もその熱い想いにお応えできるよう努めて参りたいと思います。」

■藤井純一球団社長

「突然の訃報に大変驚いております。誰よりも野球を愛され、情熱を注がれた方でした。球場のみならず沖縄のキャンプ地にも足を運ばれ、球団を温かく見守っていただいておりましたので本当に残念でなりません。球団の取締役としても大きな力を発揮していただきました。心よりお悔やみ申し上げます。」

■梨田昌孝監督

「突然の訃報で非常に驚いております。ファイターズは毎年名護でキャンプを行っていますが、今では各球団、当たり前のようになっている沖縄でのキャンプを最初に導かれたのも大きな功績で、そのような先見の明をお持ちになっていたことにも常々尊敬の念を抱いておりました。大沢“親分”と呼ばれるだけあって、非常に面倒見がよく、他球団出身の私がファイターズの監督に就任した際にも大変温かく迎え入れていただきました。まだまだお元気で野球界を引っ張っていただきたかったのに残念でなりません」

■田中幸雄ファーム打撃コーチ

「宿舎からの出発前に妻から連絡があり、大変驚きました。結婚の時には媒酌人もしていただき、公私共に大変お世話になりました。ファイターズに入れたのは、大沢さんが高校の時にわざわざ足を運んで見に来てくだったおかげでもあり、それがなければ今の自分はなく、本当に偉大な存在でした。もっともっといてほしかったです。ご冥福をお祈りいたします。」

■田中賢介選手会長

「あまりにも突然の訃報に今はただ驚いています。ファイターズにとってかけがえのない大きな存在でした。最近はテレビでご活躍を拝見することが多かったのですが、チームの状態が良い時も、悪い時もファイターズを愛してくださっているのが画面を通して伝わってきました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。」

■稲葉篤紀主将

「ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。ファイターズに入団した頃はなかなか名前を覚えて頂けなかったのですが、2006年に日本一になった頃からは球場でお会いすれば気軽に声をかけていただき、ようやくファイターズの選手になれたなと実感したのが強く記憶に残っています。」

■ダルビッシュ有選手

「球場などでお会いした際には温かく、優しい言葉ばかりかけていただいたことを良く覚えています。いつも気にかけていただき、励みになっていました。野球界にとってあまりに大きな損失だと思います。ご冥福をお祈りいたします。」

■トレイ・ヒルマン前監督

「大沢さんは、いつもあの優しい笑顔で我々を励ましてくださいました。2005年、チームが思うような成績を上げられないとき、真っ先声をかけてくださったのが大沢さんです。『ヒルマン、頑張れ。あきらめるな。必ず道は開けるぞ』と、力強く私の手を握ってくださったときの温もりを、今でも忘れることができません。指揮官としてどうあるべきかご指導をいただいたとき、『ファイターズを頼んだぞ。この球団は、オレにとって何より大事なんだ』との言葉に、身が引き締まりました。大沢さんから教えていただいたことをいつまでも忘れないことが、せめてもの恩返しとなればと願うばかりです。」

球団からのお知らせ一覧へもどる ニュース一覧へもどる