2011/10/27(木)チーム

「2011年 新人選手選択会議」交渉権獲得選手のお知らせ

「2011年新人選手選択会議」が本日10月27日(木)、東京都内で開催され、北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得した7選手のプロフィールをお知らせいたします。

1位
名前:菅野智之選手
ポジション:投手
所属:東海大
2位
名前:松本剛選手
ポジション:内野手
所属:帝京高
3位
名前:石川慎吾選手
ポジション:外野手
所属:東大阪大柏原高
4位
名前:近藤健介選手
ポジション:捕手
所属:横浜高
5位
名前:森内壽春選手
ポジション:投手
所属:JR東日本東北
6位
名前:上沢直之選手
ポジション:投手
所属:専修大松戸高
7位
名前:大嶋匠選手
ポジション:捕手
所属:早稲田大ソフトボール部
 

菅野選手の交渉権を引き当てた津田社長

1位指名終了後、記者会見に応じた梨田監督

注目された1位は東海大・菅野智之投手の指名が読売ジャイアンツと重複し、抽選の結果、ファイターズが交渉権を獲得しました。昨年、斎藤佑樹投手を引き当てた藤井純一前社長に続き、見事に大役を果たして右手を突き上げた津田敏一社長は「菅野選手に入っていただければ、投手王国に厚みが出る」と話していました。

2位以下は松本剛内野手(帝京高)、石川慎吾外野手(東大阪大柏原高)に続いて4位も近藤健介捕手(横浜高)と、今夏の甲子園に出場した高校生野手の交渉権を獲得。5位に都市対抗野球で完全試合を達成した森内壽春投手(JR東日本東北)、6位に上沢直之投手(専修大松戸高)の両右腕を、7位には早稲田大ソフトボール部の大嶋匠捕手を指名しました。山田正雄GMは「一番いい評価をしていた菅野投手にはじまり、高校生の好素材に社会人の即戦力投手、大学ソフトボール界で群を抜く選手と、バランスのよいドラフトになった」と総括。「7選手が無事に入団し、高い志を持って頑張ってくれることを望みます」と新たな戦力の融合に期待をかけていました。

2011ドラフト情報

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる