2012/01/24(火)ニュースリリース

ダルビッシュ選手が札幌ドームで記者会見

テキサス・レンジャーズに移籍したダルビッシュ有選手が1月24日(火)、7年間数々の熱投を見せてきた札幌ドームのマウンド横で退団記者会見に臨みました。平日の日中にも関わらず、1万811人ものファンの方々が三塁側内野席を埋め尽くす中、MLBに挑むに至った理由やこれまでの応援に感謝の思いを言葉に表しました。

大社啓二オーナーあいさつ

きょうはダルビッシュ選手とのお別れの会見ということですけれど、彼の今後を祝うように送り出す会見にしたいと思います。正直中々受け入れられることではないことですが、ファイターズへのこれまでの多大な貢献、圧倒的な成績に対して次なるステージを求める姿勢を理解し、重大な決意で承諾するに至りました。入団当初は線が細く、当時のスカウティングリポートにもどちらかといえば技巧派との記載があったように記憶しています。努力に努力を重ね日本を代表する投手になった今、日本プロ野球の未来のためにもメジャーリーグで最高の投手になってもらいたいというのが球団の願いであり、道民やファンの皆様の期待でもあると思います。この先も夢に向かいチャレンジし続ける姿をどうか我々と見守り、後押ししていただければ幸いです。

ダルビッシュ選手質疑応答(抜粋)

Q.7年間プレーしたチームを離れる今の気持ちは

すごくお世話になりましたし、何より支えてもらったので、北海道を離れるのはさみしいです。

Q.メジャーリーグへ行こうと思ったきっかけは

昔はメジャーに行きたいとは思わなかったですし、行くくらいなら野球をやめようとも思っていました。それは今もあまり変わっていません。でも、周囲の環境が変わってきたというか。仕事というのは、倒したいとか、強い相手にぶつかっていくこと。その中で、相手の選手から、何て言うかな。試合前からもう無理とか、打てないとか、そういう話が冗談でも聞こえてきて、何かフェアじゃないんじゃないか。求められているのは違う環境なんじゃないかなと。だいぶ悩みました。

Q.7年間で一番印象に残っていることや試合は

自分が投げた試合ではないですが、2006年のプレーオフ(対ホークス)。斉藤和巳さんが投げていた、サヨナラの場面。9回裏のひちょり(森本)さんの場面、それはよく覚えています。ベンチ裏の陰から見ていて、すごい声援で、斉藤さんがペースを乱して、確かストレートのファーボールだった。そこからファンのすごさを実感しました。自分自身の試合ではどの対戦もすべて全力で投げてきたので、これっていうのはないですね。

Q.これからのファイターズの顔になってほしい、期待している選手は

(笑顔を交え)木田さん。中田とか、投手も若手が多いですし。全員に期待していますが、中田が一番です。中田が4番になって勝たなくちゃいけない。

Q.札幌ドームに集まったファンにメッセージを 

2005年に入団していきなり(謹慎処分になることを)やっちゃいまして、初登板のヒーローインタビューで温かく迎えてもらえたから今があります。環境変わってどうなっていくか分からないけど、頑張っていきたいと思います。最終的にここ(ファイターズ)に戻ってこられたらうれしいですね。

「ダルビッシュ選手記者会見」動画を見る

「ダルビッシュ選手へメッセージ」動画を見る

ダルビッシュ有選手グッズ特集~farewell to you,Yu Darvish~

ニュースリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる