2012/08/08(水)チーム

稲葉選手が通算1000打点を達成

北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀選手(40)が本日8月8日(水)、福岡ソフトバンクホークス16回戦(帯広)の3回裏1死満塁の場面で攝津投手から右前打を放ち、7試合ぶりに打点を挙げてプロ野球38人目の通算1000打点を達成いたしました。初打点はヤクルトスワローズ入団1年目の1995年6月21日広島東洋カープ13回戦(広島)、2回表のプロ初打席に紀藤投手から本塁打を放ちマークしています。

今シーズンはチームトップの打点を挙げ、ポイントゲッターとして数々の勝利に貢献しています。8月3日に40歳を迎えた節目の年は2000本安打に250本塁打と400二塁打、さらには2000試合出場とまさに記録づくめ。「これまで数字には執着せずプレーしてきましたが、打点に関して言えば前を打つ人たちがチャンスを作り、ホームを目指して一生懸命走ってくださった結果。ファンの皆さんの声援がプレッシャーのかかる場面で背中を押してくれたことも、ここまでたどり着くことができた大きな要因です。感謝の気持ちを忘れずに、この先も勝利のために1打席1打席意味のあるものにしていきたいと思います」。チームを高みに押し上げることだけを考えて集中を研ぎ澄まし、偉大な先人達の背中に一歩ずつ近づいていきます。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる