2012/10/25(木)チーム

「2012年新人選手選択会議」交渉権獲得選手のお知らせ

「2012年新人選手選択会議」が本日10月25日(木)、東京都内で開催され、北海道日本ハムファイターズが以下7選手の交渉権を獲得しましたので、お知らせいたします。

1位 名前:大谷翔平選手
ポジション:投手
所属:花巻東高
2位 名前:森本龍弥選手
ポジション:内野手
所属:高岡第一高
3位 名前:鍵谷陽平選手
ポジション:投手
所属:中央大
4位 名前:宇佐美塁大選手
ポジション:内野手
所属:広島工高
5位 名前:新垣勇人選手
ポジション:投手
所属:東芝
6位 名前:屋宜照悟選手
ポジション:投手
所属:JX-ENEOS
7位 名前:河野秀数選手
ポジション:投手
所属:新日鐵住金広畑
   

毎年「その年の一番魅力ある選手」を指名してきた1位は、花巻東高の大谷翔平投手を単独指名し、交渉権を獲得しました。初めてドラフト会議に出席した栗山英樹監督は全球団の1位指名終了後に報道陣の取材に応じ、「わがチームの選手と一緒に戦ってくれることで、(大谷選手にとっても)必ずプラスになるんだと思っています。交渉権を得たというのは話を聞いてもらうチャンスをもらえたということ。大きく野球界を引っ張っていく選手になってほしいですし、そのお手伝いができればと思います」と話しました。

2位以下は、ともに俊足強打が持ち味の森本龍弥内野手(高岡第一高)と宇佐美塁大内野手(広島工高)の高校生を指名。地元北海道出身の鍵谷陽平投手(中央大)をはじめ、新垣勇人投手(東芝)屋宜照悟投手(JX-ENEOS)河野秀数投手(新日鐵住金広畑)といった大学・社会人でもまれた実戦派が並びました。「スカウティング」で選手の力を見抜き、「育成」で一流に鍛え上げるのがファイターズの強化方針。リーグ連覇のかかる2013年から一人でも多くの選手が戦力になってくれることが望まれます。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる