2012/11/16(金)チーム

北選手入団会見

横浜DeNAベイスターズからトレードで加入した北海道日本ハムファイターズ・北篤選手(23)の入団会見が11月16日(金)、鎌ケ谷スタジアムで行われました。背番号は37に決定。早速真新しいユニフォームに袖を通すと、「北という名前の通り、北海道で大暴れしたいと思います」と新天地にかける意気込みを示しました。

石川・小松工高から投手として2007年ドラフト1位でベイスターズに入団。翌年に右ひじの疲労骨折が判明し、もともと非凡な打撃センスが評価されていたこともあってその年のシーズン終了後に野手に転向しました。イースタン・リーグでは2010年に打率.320、2011年に.289、11本塁打をマークするも、1軍では才能の片鱗を示せずにいるだけに「常勝軍団であり日本一の外野陣に割って入るという、強い気持ちで臨みます」と決意をにじませていました。

同席した栗山監督は「自分の中では選手全員をいったんゼロから評価するつもりだし、長打を打てる左打者はチームにとって必要なので、期待しています」と隣に視線を送りながらエールを送っていました。北選手自身も並々ならぬ覚悟を秘めており「チームはもちろんのこと、日本球界を代表する選手を目指します」と、移籍を転機と捉えて大きな飛躍を誓っていました。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる