2012/12/25(火)チーム

大谷選手が入団会見 札幌ドームでユニフォーム姿を披露

北海道日本ハムファイターズは本日12月25日(火)、ドラフト1位指名・大谷翔平選手(花巻東高)と正式契約を結び、札幌市内のホテルで入団会見を行いました。クリスマス寒波の襲来により北海道内各地はこの冬一番の冷え込みとなりましたが、会見場は150人の報道陣が詰め掛けて大谷選手の一言一句に注目。ダルビッシュ有選手(現テキサス・レンジャーズ)がつけていた背番号11を受け継ぐことが決まった同選手は「一投一打、最後まで諦めずにプレーし、高校時代に果たせなかった日本一を目指していきます」と高らかに誓いました。

その後は球団事務所と札幌ドームを訪れ、職員への挨拶とロッカールーム見学を済ませると、上下ユニフォームをまとって三塁ベンチから栗山監督とともに登場。マウンドに上がると193センチの長身がいっそう大きく映え、オーバースローから投げ込んだストレートで指揮官のバットに空を切らせました。野手との二刀流を目指していくとあって、今度は左打席に入って栗山監督と“対戦”。「何を投げても打たれそうな雰囲気があったので、消える魔球を投げました」と、監督がボールを投げずに足元に落としたところ、大谷選手はファイターズファンの待つレフトにライナーを飛ばすイメージで豪快なスイングを披露しました。

初めて踏み入れた本拠地の印象について「広くて驚きましたが、感動しました。マウンドも投げやすくて楽しかったです」と話した大谷選手は、「素晴らしい先輩方の背中を見ながら成長し、やる以上は一流を目指します」ときっぱり。栗山監督も「エースで4番を目指してほしい。大谷翔平という選手が2人入団したと思っていますし、どうやってチームに貢献してもらえるようになるか、それを考えて行くのが我々の使命」と表情を引き締めていました。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる