2014/03/29(土)チーム

ソチ五輪メダリストの葛西紀明選手が始球式

北海道日本ハムファイターズは3月29日(土)のオリックス・バファローズ2回戦(札幌ドーム)において、ソチ五輪ノルディックスキー・ジャンプで個人ラージヒル銀メダル、団体銅メダルを獲得した北海道下川町出身の葛西紀明選手(41=土屋ホーム)に始球式を務めていただきました。

それに先立って行われたセレモニーに葛西選手は2つのメダルを首からかけて登場。同い年で普段から親交のある稲葉篤紀選手から花束が贈られ、葛西選手は「ソチでは熱い応援を有難うございました。メダルを取ったパワーを今度はファイターズに託します」とスピーチ。北海道内でジャンプ競技に取り組む札幌市、小樽市、余市町、下川町、上川町の少年団88人がスタンドから見つめる中、場内は喝采に包まれました。

6月6日が誕生日の葛西選手は、背中に「LEGEND KASAI 66」と刺繍されたユニフォーム姿で始球式に臨みました。セットポジションに入るや、事前に示し合わせて一塁の稲葉選手へ牽制球を投げ、どよめきを誘っていました。「手が震えた」という投球はカーブがワンバウンドになりましたが、世界がレジェンドと認めるアスリートの一挙手一投足を皆が食い入るように見つめていました。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる