2014/07/07(月)コミュニティ

「北海道スマイルキャラバン」7/4(金)~7/6(日)、白老町で開催

「北海道スマイルキャラバン~あなたの街とファイターズ~」第3回目は、7月4日(金)から6日(日)までの3日間、白老町で開催いたしました。白老町といえば、2013年白老町応援大使を稲葉選手、鵜久森選手が務めたことから、二人揃ってアイヌ民族博物館や中学校を訪問するなど、ファイターズにとっても馴染みある町です。
人口1万8千余りの白老町は太平洋に臨む温泉地として、また「白老牛」「虎杖浜たらこ」などの地域ブランドや、アイヌ文化の発信拠点として全国的にも有名です。
そんな白老町でのスマイルキャラバンも、地元の皆様に支えられました。白老町役場、教育委員会、商工会、地元の婦人会、しらおい後援会の皆様、そして町内にある専門学校の学生さんたちもイベント会場でボランティアとして参加してくれました。初日に訪問した町内7箇所の保育園や小学校・中学校、リハビリセンターなど、それぞれが何日も前から出迎えのスタイルを考え、準備してくださっていたそうです。皆様のお陰で、今回のキャラバンも本当に沢山のスマイルと出会うことができ、心より感謝いたします。

キャラバン初日の訪問先

虎杖小学校

ベースボールアカデミー池田コーチ、ポリーが訪問。池田コーチが熱心に野球の基礎を指導し、ポリーはジャンケン列車で全校生徒53名と触れあいました。「ファイターズの応援に札幌ドームへ行ったことがある人?」と、池田コーチが問いかけると7・8割の子が手を上げました。校長先生も当日着るレプリカユニフォームを迷うほど何種類もお持ちとのこと。白老町から札幌までは車で1時間半。先生方からは「観戦より、駐車場の確保が大変で」と。遠い中、本当にありがとうございます。

小嶋保育園

B・Bとコカ・コーラのマスコットQooが訪問。子ども達と“毎日しっかり食べようね”という食育体操をしたり、B・Bのパフォーマンスで子ども達を驚かせたり、予定時間をオーバーするほど楽しい時間はあっという間に過ぎました。

リハビリテーションセンター天寿会

ベースボールアカデミー池田コーチ、ポリーが訪問。入所している方、通所の方など、約50名の皆さんが集まってくださいました。お身体が不自由な方も多い中、ファイターズのうちわを振って元気いっぱい迎えてくれました。池田コーチがバッティングを披露すると、スイングの早さに「オッ~!」の声。ファイターズ選手で一番背の高い選手は?一番背の低い選手は?と問いかけると次々に正解が出るほど、皆さんファイターズのことに詳しいことにビックリ。これからも応援よろしくお願いします。

竹浦小学校

B・B、ポリー、ベースボールアカデミー池田コーチ、ダンスアカデミー田村インストラクターが訪問。最初に、53名の全校生徒と田村インストラクターがストレッチ体操でしっかりと体を温め、続いてキャッチボール、ストラックアウト、バッティングの全種目を体験。野球経験の無い子が多いということでしたが、キャッチボールを始めると上手な子が多く、コーチから「上手だね、野球チームに入っているの?」と声をかけられる子も。今回の訪問がきっかけで野球の楽しさをもっともっと実感してもらえたら嬉しいですね。

白老宏友会みらいえ

B・B、ポリー、池田コーチ、ダンスアカデミー田村インストラクターが訪問。到着すると会場の中ではファイターズ讃歌に合わせて出迎えの練習中でした。会場へ入るとドラムやタンバリンの音が響き、一斉に風船が飛び、ツインバット、フラッグで大歓迎。田村インストラクターとダンスで盛り上がり、池田コーチとB・Bがキャッチボールを披露、B・Bが選手のモノマネ、でお開きのはずが気がつくとB・Bの姿がありません、するといきなりドラム演奏が、そうです。B・Bはピアノ演奏だけでなくドラムも得意だったのです。

白老中学校

ベースボールアカデミー池田コーチ、B・Bが訪問。朝7:00に札幌を出発して、すでに5箇所を訪問し疲れが出ている時間帯でしたが、全校生徒235名を前にすると、そんな疲れも吹き飛びました。B・Bのパフォーマンス、池田コーチの実技指導。そして最後に池田コーチが「夢、目標は持ち続けることが大切です。そして自分は夢、目標に向かって本当に努力をしているのかを確認すること。持ち続けていれば、きっと手に届きます」と自分の体験談をもとに話しました。

白老町コミュニケーションセンター

ダンスアカデミー田村インストラクターが約60名の皆さんとエクササイズ。皆さん、白老町が実施している健康体操に参加されているそうで、体は普段から動かしているということでしたが、田村インストラクターのリズミカルな動きに、「いつもの体操とは全く動きが違う~、ついていくのが大変」と汗だくの様子。「でも楽しいね~」と。今回のレッスンへの歓迎をこめて、皆さんファイターズのユニフォームやTシャツ姿で参加してくださったそうです。

キャラバン二日目・三日目

キャラバン会場は白老町コミュニケーションセンター。時おり強い風が吹きましたが、終日気持ちの良い天候に恵まれました。会場を見渡すとお孫さんと一緒に楽しんでいる方、愛犬を遊ばせながら楽しんでいる方、お知り合いの方と偶然に会われ話し込む方。子ども達はスポーツ体験会場で大はしゃぎです。ドッヂボールとフリスビーを合わせたドッヂビーは大人気で、2歳の子もお姉ちゃんと一緒に参加するほど。キャッチボール教室では、投げ方の基本を学ぶと見る見る上手になる子、かけっこ教室ではみんな真剣に走りきっていました。ステージイベントでは、B・Bやポリーとのゲーム大会のほか、昨年B・Bが訪問した幼稚園の園児たちが1年ぶりにB・Bと一緒にダンスを披露。
午前中から夕方まで長時間滞在する方が多く、皆さんのんびりと楽しんでいただけたようです。

会場の様子

後援会の皆さん

白老バーガー

白老婦連協の皆さん

白老厚生保護女性会の皆さん

日本航空専門学校の皆さん

白老戸田町長

地元バンド「シャリーズ」による演奏

アイヌ民族博物館の皆さんによるムックリ(口琴)演奏

ポリー&ファイターズガールステージ

じゃんけん大会

緑丘保育園の園児たちがB・B&Qooとダンス

かけっこ教室

キャッチボール教室

みんなでドッヂビー

大谷選手を超えろ!目指せ三刀流!

Let'sダンス & Let'sダンス発表会

次回は8月8日(金)・9日(土)・10日(日)士別市で開催いたします。

北海道スマイルキャラバン特設サイト

コミュニティ一覧へもどる ニュース一覧へもどる