2014/08/22(金)ニュースリリース

「船橋のなし」のPRに“ふなっしー”が札幌ドームに登場

8月22日(金)、千葉県船橋市の「船橋のなし」PRのため、“ふなっしー”と“ふなばし産品ブランドPRキャラクター「目利き番頭船えもん」”が札幌ドームに来場し、さっそく栗山監督と千葉県出身の上沢選手に梨を贈呈。船橋市の松戸徹市長、JAいちかわ代表理事小泉勉組合長とともに神妙な面持ちで贈呈したふなっしーでしたが、梨を渡し終えるといきなり得意のジャ~ンプ!で周囲を笑いの渦に。報道陣から「もし北海道で生まれていたら何になっていたと思いますか?」の質問には「ホタテ!」とすかさず回答。始球式の審判も務め、お茶目なパフォーマンスでスタンドを沸かせました。当日ご来場いただいた1,000名様にも梨がプレゼントされました。

ニュースリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる