2014/09/12(金)コミュニティ

読書促進リーフレット「ファイターズと本を読もう!」を道内図書館にて配布

北海道日本ハムファイターズは、読書促進全道キャンペーン「グラブを本に持ちかえて」の一環で、北海道内全179市町村の図書館や図書関連施設に球団制作のリーフレット「ファイターズと本を読もう!」を配布いたしました。全8ページで、活字に触れる楽しさについて語った栗山英樹監督のインタビュー記事や13選手のお奨めの一冊をコメント入りで掲載しています。各館で数に限りがございますので、図書館ご利用の際にお早めにお受け取りください。

リーフレット配布の様子

<恵庭市>

<月形町>

<釧路町>

<室蘭市>

<奥尻町>

8月21日(木)の東北楽天ゴールデンイーグルス戦以降、ご家庭などで読み終えた本を札幌ドームで引き取る「読み終えた本をみんなでシェア」では、すでに約1100冊の書籍をお寄せいただいています。読書企画展も8月11日(月)から札幌市中央図書館で、8月30日(土)から苫小牧市立中央図書館でスタートしたのを皮切りに、9月17日(水)から今金町民センターでも始まります。今後も各地で同様のイベントが開催される予定で、チーム一同、読書の輪が北海道内一円に広がっているのを感じています。

ファイターズ読書促進全道キャンペーン「グラブを本に持ちかえて」実施のお知らせ

コミュニティ一覧へもどる ニュース一覧へもどる