2014/09/12(金)ニュースリリース

W杯4連覇「女子野球日本代表」の金選手、志村選手が9/14(日)オリックス戦でファーストピッチに登場

北海道日本ハムファイターズでは、9月14日(日)の『秋の祭典』オリックス・バファローズ戦(札幌ドーム)に日本代表として宮崎市で開催された第6回IBAF女子野球ワールドカップ(W杯)で全勝優勝を飾り、4連覇を達成した北海道天塩町出身の金由起子選手(36=ホーネッツ・レディース)と広尾町出身の志村亜貴子選手(31=アサヒトラスト)をお招きし、試合前セレモニーでファーストピッチを務めていただくことが決まりましたので、お知らせいたします。
「FIGHTERS GIRLS'FESTA」をテーマに行われる『秋の祭典』。クライマックスシリーズ進出を目指して戦っているファイターズに、マドンナジャパンから“世界最強の野球女子”魂を注入していただきます。

実施概要

日時 9月14日(日)vs.オリックス・バファローズ(札幌ドーム)13:40頃
内容
  • 1「第6回IBAF女子野球W杯」ダイジェストVTR上映
  • 2金選手、志村選手によるファーストピッチ
    稲葉選手、大谷選手が打席に立つ予定です
  • 3両選手へ花束贈呈、フォトセッション

プロフィール

金 由起子(こん・ゆきこ)

生年月日 1977年9月20日生まれ 天塩町出身
ポジション 内野手(右投右打)
身長 168cm
所属 ホーネッツ・レディース
経歴 天塩小4年から野球を始め、高校卒業後に札幌の軟式野球チーム「札幌シェールズ」に加入。2005年に北海道初の女子硬式チーム「ホーネッツ・レディース」を結成した。W杯の前身の女子世界選手権に3度出場し、W杯は06年の第3回大会から5大会連続で代表入り。強打を持ち味に、カナダで開かれた第5回大会で打点王に輝く。今大会は指名打者で4試合に出場し、チーム最多の8打点をマークした。

志村 亜貴子(しむら・あきこ)

生年月日 1982年11月9日生まれ 広尾町出身
ポジション 外野手(右投右打)
身長 160cm
所属 アサヒトラスト
経歴 広尾第二小4年から野球を始め、大学進学とともに「札幌シェールズ」入り。「ホーネッツ・レディース」をへて、現在は東京都内の中学で体育の専門指導員を務めながら「アサヒトラスト」でプレー。俊足と強肩を生かしたプレーで、金選手とともにW杯には第3回大会から出場。今大会は主将として18歳から36歳までの選手をまとめるとともに、5試合で7打点を挙げ、2大会ぶり2度目のベストナインに輝く。

秋の祭典特設サイト

ニュースリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる