2009/03/03(火)ニュースリリース

フィールドシート関係者内覧会

 今シーズン新設されるフィールドシートの内覧会が3月3日(火)、札幌ドームに関係者・報道陣約50人を集めて行われました。プロ野球開催時、一塁側と三塁側に合わせて202席設置されるもので、従来のスタンド席とはひと味ちがう臨場感でご観戦いただくことができます。

  今年初めて札幌ドームで練習した選手たちへもこの日がお披露目となり、田中選手会長は「プレー中に交わす言葉まで聞こえるでしょうし、よりエキサイティングで迫力あるシーンを楽しんでいただきたいと思います」とPR。稲田選手も「ファウルゾーンに思ったほどせり出していないので、これまで通り猪のようにプレーします」と話していました。

  危険防止のため練習時から試合終了まで防護ネットがつきますが、試合後はネットを外して選手と直接触れ合えるようなファンサービスを検討しています。4月3日の公式戦開幕戦からご利用いただけますので、ぜひとも札幌ドームの新たな魅力に触れてください。

シーズンシートをご購入の方にはオープン戦も同じお席でご観戦いただける招待券をお送りしております。

フィールドシート
写真 01

フィールドシート内覧会テープカット

写真 02

ラバーの感触を確かめる田中賢選手会長

写真 03

フィールドシートに座る藤井球団社長ら

写真 04

選手にもフィールドシートの説明が

ニュースリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる