2008/03/10(月)ニュースリリース

スタジアムに、また新たな演出が出現!!レーザーディレクション!

2008年3月20日の開幕戦から「レーザーディレクション」を実施することとなりましたのでお知らせいたします。


◎スタジアムに、また新たな演出が出現!

■名 称

レーザーディレクション

■機材名

レーザーマキシマム(エルシーイースト社製)

■使用目的 スタジアム演出(ドームの天井部に照射)
■時  期

2008年3月20日の開幕戦から今シーズン

■レーザーディレクションとは…

通常、ミュージカルやコンサートなど暗転した際にスモークなどと連動して場内演出として使用されております。

■実施の目的

弊社では、日頃からご来場をいただくお客様に新しいサービスや価値のご提案という視点にたって行動しており、活動指針である「Fan Seravice 1st」の一環として新しい場内演出として実施に至りました。この新たな演出は、札幌ドームでのファイターズ主催試合にてお客様のアテンド業務を行っている「(株)フルキャスト 本社/東京都渋谷区 」のサポートで実現いたしました。
レーザーディレクションは、試合中の「ホームラン」や「三振奪取」という、選手が輝く時をお客様と一体となって演出できること。将来的には携帯電話などでファンの皆様から応援メッセージをいただき、レーザーで照射することなどが可能となります。
また、選手からも試合中にファンの皆様へタイムリーにメッセージを照射できることなど「2WAYのコミュニケーション」が可能となり、「ファンの皆様」と「チーム」がより一体感があるスタジアムとなると考えます。
 多くのファンの皆さまにご声援されているファイターズは、これからも皆さまに喜んでいただけるサービスの向上をめざしていきます。

ニュースリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる