チーム・選手

ドラフト情報

ドラフト情報2021

新人選手選択会議(ドラフト会議)

DRAFT2020

2021年10月11日(月)17:00から東京都内のホテルにて「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が行われました。
北海道日本ハムファイターズは以下の選手の交渉権を獲得いたしました。今後は各選手への指名挨拶や入寮・合同自主トレなど、さまざまな情報をお届けして参ります。

ドラフト指名選手一覧

ドラフト指名選手 1位

氏名 達 孝太(たつ こうた)選手
生年月日 2004年3月27日
出身地 大阪府
ポジション 投手
身長体重/投打 194cm 88kg/右投右打
所属(出身校) 天理高校

選手紹介
194センチと恵まれた体格から快速球を投げ下ろす本格派右腕。長い腕をしなやかに振って投じるボールは角度があり、伸びもある。今春の甲子園で自己最速の148キロをマークするなどチームを4強に導く好投で、評価を高めた。研究熱心で向上心も高く、プロ向きの性格。スケール感、将来性ともに魅力十分のピッチャーだ。類まれなポテンシャルを秘め、近未来の先発投手陣の柱になりうる大器。

ドラフト指名選手 2位

氏名 有薗 直輝(ありぞの なおき)選手
生年月日 2003年5月21日
出身地 千葉県
ポジション 内野手
身長体重/投打 185cm 97kg/右投右打
所属(出身校) 千葉学芸高校

選手紹介
恵まれた体格を生かした長打力が魅力の世代屈指のスラッガー。スイングスピードが速く、強い打球を飛ばせる。千葉学芸高校では1年から主軸を務めた。長打力を持ち味とするが、逆方向に打つ器用さも光る。身体能力が高く、肩の強さも持ち合わせ、内野守備も軽快にこなす。甲子園出場こそないが、高校通算70本塁打を放った。さらなる伸びしろを秘めており、右の長距離砲として頭角を現す可能性を秘めた逸材。

ドラフト指名選手 3位

氏名 水野 達稀(みずの たつき)選手
生年月日 2000年7月30日
出身地 香川県
ポジション 内野手
身長体重/投打 171cm 75kg/右投左打
所属(出身校) JR四国(丸亀城西高校)

選手紹介
走攻守に総合力が高い即戦力の内野手。遊撃手として堅実で軽快な守備、俊足を生かした走塁も高いレベルにある。小柄だが、ツボにはまれば一発もある打撃も特長の1つ。丸亀城西高卒業後に社会人入りして今年が3年目で、今後もさらに成長曲線を描くことも期待できる。ルーキーイヤーからレギュラー争いに加わる可能性は十分だ。

ドラフト指名選手 4位

氏名 阪口 樂(さかぐち うた)選手
生年月日 2003年6月24日
出身地 京都府
ポジション 内野手
身長体重/投打 187cm 90kg/右投左打
所属(出身校) 岐阜第一高校

選手紹介
スケールの大きなバッティングが魅力のスラッガー。投手としても140キロ超を投げ、強肩強打でチームの主軸を担った。鋭いスイングから広角に長打を放ち、捉えた打球は飛距離も出る。打席での懐の深い構えと雰囲気は大谷翔平選手をほうふつとさせる。左の主砲として開花するポテンシャルを持ち、今後の進化が楽しみな好素材。

ドラフト指名選手 5位

氏名 畔柳 亨丞(くろやなぎ きょうすけ)選手
生年月日 2003年5月3日
出身地 愛知県
ポジション 投手
身長体重/投打 180cm 85kg/右投右打
所属(出身校) 中京大学附属中京高校

選手紹介
150キロ超の速球を投げ込む伸びしろ十分の右腕。躍動感のあるフォームから腕を振って投げ込むスライダー、チェンジアップはキレがあり制球力も高い。今春の甲子園はエースとして好投し、存在感を高めた。ストレートの球威、キレともに世代トップクラスで、けん制やクイックの能力も優れている。今後の成長が楽しみな本格派。

ドラフト指名選手 6位

氏名 長谷川 威展(はせがわ たけひろ)選手
生年月日 1999年8月9日
出身地 埼玉県
ポジション 投手
身長体重/投打 178cm 81kg/左投左打
所属(出身校) 金沢学院大学(花咲徳栄高校)

選手紹介
キレのあるボールで打者を打ち取る技巧派左腕。サイドハンド気味の独特の角度からボールを投げ込む。打者から見づらく、ストレートと鋭いスライダーのコンビネーションでほんろうする。大学進学後にリリーフとして頭角を現し、明治神宮大会の好投で存在感を示した。さらなる伸びしろを秘めており、リリーフ陣を活性化させる存在へと期待がかかる。

ドラフト指名選手 7位

氏名 松浦 慶斗(まつうら けいと)選手
生年月日 2003年7月1日
出身地 宮城県
ポジション 投手
身長体重/投打 186cm 95kg/左投左打
所属(出身校) 大阪桐蔭高校

選手紹介
バランスの良いしなやかなフォームから150キロ超のストレートを投じる世代トップクラスの左腕。小学校時代は旭川で過ごし、ファイターズジュニアに選出された縁を持つ。中学時代から世界大会も経験、大阪桐蔭高では1年秋からベンチ入りし、2年時に150キロを計測するなど存在感を高めた。将来の先発ローテーション入りが期待されるポテンシャル十分の大型サウスポー。

ドラフト指名選手 8位

氏名 北山 亘基(きたやま こうき)選手
生年月日 1999年4月10日
出身地 京都府
ポジション 投手
身長体重/投打 182cm 80kg/右投右打
所属(出身校) 京都産業大学(京都成章高校)

選手紹介
全身をしなやかに使って投げ込む150キロ超の伸びのあるストレートが最大の武器。カーブなどの変化球の精度を高め、投球の幅が広がった。今春の関西六大学リーグでは2戦連続完封勝利に加え、15三振を奪う快投も見せて存在感をアピール。直球、変化球ともキレがあり、三振を奪えることが強み。即戦力の期待がかかる本格派右腕。

ドラフト指名選手 9位

氏名 上川畑 大悟(かみかわばた だいご)選手
生年月日 1997年1月12日
出身地 岡山県
ポジション 内野手
身長体重/投打 167cm 71kg/右投左打
所属(出身校) NTT東日本(倉敷商業高校―日本大学)

選手紹介
堅実な守備を身上とする走攻守に安定感のある内野手。日大2年時は1学年上の京田陽太選手と二遊間を組み、25シーズンぶりのリーグ優勝に貢献した。軽快なフットワークで守備範囲は広く、スローイングも素早く正確で高いレベルにある。俊足と堅守は定評があるだけに、打撃面の向上に期待がかかる。内野手の定位置争いを活性化させる存在。

以上、9巡目(9位)で選択終了

育成ドラフト指名選手 1位

氏名 福島 蓮(ふくしま れん)選手
生年月日 2003年4月25日
出身地 青森県
ポジション 投手
身長体重/投打 190cm 70kg/右投右打
所属(出身校) 八戸西高校

選手紹介
ポテンシャルを十分に秘めた190センチの大型右腕。角度を生かしたフォームから快速球を投げ込む。体の柔軟性は天性のものがあり、しなやかに腕を振る。細身だが、手足の長さと垣間見える投球センスは魅力的。春の甲子園では本領発揮とはいかなかったが、その悔しさも糧に練習に励んできた。体も成長途上で、今後大化けする可能性を秘めている。

育成ドラフト指名選手 2位

氏名 速水 隆成(はやみず たかなり)選手
生年月日 1997年7月28日
出身地 群馬県
ポジション 捕手
身長体重/投打 188cm 100kg/右投右打
所属(出身校) 群馬ダイヤモンドペガサス(桐生第一高校)

選手紹介
強打が持ち味の大型キャッチャー。桐生第一高では2年時に内野手で春の甲子園に出場。群馬ダイヤモンドペガサス入団後、捕手に転向した。ウエイトトレーニングなどで20キロ近く増量。フルスイングとパンチ力が魅力のバッターとして存在感を示した。2020年はリーグ最高打率をマークするなどアピール。荒削りだが、ポテンシャルを秘めている。

育成ドラフト指名選手 3位

氏名 柳川 大晟(やながわ たいせい)選手
生年月日 2003年8月21日
出身地 大分県
ポジション 投手
身長体重/投打 191cm 83kg/右投右打
所属(出身校) 九州国際大学付属高校

選手紹介
191センチを超える大型本格派右腕で、140キロ台後半の速球が魅力のスケール感あふれる逸材。鋭い腕の振りから繰り出す、角度ある直球は見る者を魅了する。スライダーとカットボールの横変化に加え、フォークも操り投球術にも長ける。将来的な大化けを期待できるポテンシャルで、次代のローテーション入りを目指す。

育成ドラフト指名選手 4位

氏名 阿部 和広(あべ かずひろ)選手
生年月日 2003年5月12日
出身地 神奈川県
ポジション 外野手
身長体重/投打 170cm 65kg/右投両打
所属(出身校) 平塚学園高校

選手紹介
全国的には無名の隠し玉的存在だが、機敏な動きでグラウンドを駆け回るスイッチヒッター。身長169センチと小柄だが、積極的なフルスイングを身上とする。今夏はリードオフマンとして打線を引っ張った。バネのあるエネルギッシュな動きで攻守に全力プレーを貫く。プロでシーズンを戦い抜く強さとタフさを身につけ、さらなる飛躍を期待したい。

以上、4巡目(4位)で選択終了