2017/03/30 チーム

連覇に向けて札幌ドームで開幕前日練習

埼玉西武ライオンズとの開幕戦を翌日に控えた3月30日(木)、北海道日本ハムファイターズは札幌ドームで全体練習を行いました。28日、29日の2日間で内外野の守備や投内連係プレーを確認していることもあって、この日は打撃練習を中心としたメニューを消化。約2時間にわたって汗を流し、2017年のスタートに備えました。

目指すは球団史上初の2年連続日本シリーズ制覇。栗山監督は「そこを意識してやってきた。当然、意識して開幕する」とキッパリ言い切りました。そのマウンドを託されるのは有原投手です。指揮官からの「有原の将来にとって、これがいいモノになって欲しい。好きにやってくれればいい」という全面的な信頼感に対し、緊張感を漂わせながらも「早く投げたい」と話しました。プロ3年目で初めての大役。「自分の色を出して頑張る」と意気込みました。

有原投手を後押しする攻撃陣は、打撃練習で快音を響かせました。「1打席目から積極的に行きたい。不安はありますけど、楽しみです」と話すのは、打者として開幕を迎える大谷選手。昨年までとは違う立場でのスタートに「まずは自分の持っているものを出したい」と話しました。侍ジャパンから復帰した中田選手も仕上がりは上々。「自分がしっかり力を出せれば、チームを良い方向に導けると思う。今年は周りがびっくりするくらいのキャリアハイを目指して頑張る」。さらに、ルーキーとして唯一、開幕ロースター入りを果たした石井一選手は、「ルーキーとか関係なく、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」と気合を入れていました。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる