2017/11/26(日)イベント

ファンフェスティバル2017を開催

北海道日本ハムファイターズは11月26日(日)、札幌ドームで《ファンフェスティバル2017》を開催しました。今回は《GALALYMPIC~東西合戦~》と銘打ち、選手の出身地別にチーム分けをし、激しく、熱いバトルを繰り広げました。来場者は39,606人。応援団長は東軍が森本稀哲氏、西軍は建山義紀氏のOBを配し、総大将をそれぞれ鍵谷陽平投手中島卓也選手が務め、各種ゲームで日ごろは見せない一面を披露しました。西軍が勝利を収め、中田翔選手がMVPを獲得しました。

開始と同時に盛り上がったのは、新入団選手発表です。10月26日(木)のドラフト会議で指名した7選手が登場。ファンにユニホーム姿をお披露目しました。1位指名の清宮幸太郎選手は目標の本塁打数を「60本で」と答え、会場を沸かせていました。選手それぞれが色紙に、プロ入り後の目標をしたため、温かい拍手を送られていました。

フィナーレでは、栗山英樹監督がサプライズ表明でファンをどよめかせました。「皆さん、短い時間でしたが、楽しんでいただけましたでしょうか」と話した後で、来シーズンのキャプテンを「中田翔です」と発表しました。中田選手は「来シーズンからキャプテンとしてやらせていただきます。初めに話をいただいた時はすごく不安でいっぱいでしたが、個人的にもチームとしても辛いシーズンでしたので、何かを変えて再チャレンジしたいという気持ち。選手とファンが一つになり、もっといいチームにしていき札幌ドームを盛り上げていきたい」と力強く所信表明しました。

 
 

フォトダイジェスト

イベント一覧へもどる ニュース一覧へもどる