2018/01/30(火)ニュースリリース

OAKLEY(オークリー)とのチームアウターサプライヤー契約締結

北海道日本ハムファイターズ(北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1番地/代表取締役社長:竹田憲宗)は、ミラリジャパン株式会社(東京都千代田区二番町4番地5/代表取締役社長:山崎真也)と、オークリーブランドのチームアウター及びトレーニングウェアのサプライヤー契約を締結いたしました。
チームユニフォーム・チームキャップのオフィシャルサプライヤーは、ファイターズオフィシャルスポンサーのミズノ株式会社(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目12番35号/代表取締役社長:水野明人)です

オークリー創設者ジム・ジャナードの、常に新たなテクノロジーを生み出す技術開発を行ってきた企業姿勢“世の中のすべてのものは改良でき、そして必ずされていく”と、常に新たなる挑戦・変革を求め、最後まであきらめず全力で戦うファイターズのチーム方針が、両社の方向性と合致し、この度の契約締結に至りました。

オークリーブランドとファイターズは、2016年アリゾナ春季キャンプでのキャンプトレーニングウェア及びキャンプキャップのサプライを行ったのをきっかけに、チーム・スタッフなどから、その製品性能・デザイン性などに賞賛の声が多数上がりました。スポーツウェアを様々なアスリートと共に開発してきた中で培われた、オークリー独自のデザインと高い機能性を、新たにファイターズに取り入れることで、更なるパフォーマンス向上に活かすべく、アリゾナ春季キャンプの公式トレーニングウェアをはじめ、試合などで着用するグラウンドジャケット他、各種チームアウターを年間通じて着用いたします。
2018年、ファイターズの新たなる“道”は、オークリーブランドのアイテムを身にまとい、“全力疾走”で進んでまいります。

■オークリーブランドにおけるチームレベルのサプライヤー契約は、日本プロ野球界初となります。

【コメント】

ミラリジャパン株式会社 代表取締役社長 山崎真也様

オークリーはスポーツアイウエアを軸に、長い間プロ野球界の多くの選手のプレーをサポートしてまいりました。このたび歴史のある北海道日本ハムファイターズ様に新たに「オークリー」ブランドのチームアウター・トレーニングウェアをサプライさせていただく運びとなり、ブランドにとっても大変大きな資産となることは間違いないと思っております。これまで長年スポーツウェアをアスリートと共に開発してきた中で培ってきた独自のデザインと高い機能性で、北海道日本ハムファイターズの選手及びスタッフの皆さんのパフォーマンスを支える事が出来れば幸いです。

栗山英樹監督

「2016年のキャンプで着た喜びは選手も感じています。(今回のウエアも)格好良く、おしゃれで動きやすいです。ファイターズがこのブランドとともに前に進めるチームになれるように頑張ります」

中田翔選手(キャプテン)

「着ていて肌触りも良く、気持ちいいです。キャッチボールをしていても違和感がないくらい柔軟な素材で使い勝手が良いです」

中島卓也選手(選手会長)

「青色が好きなので、すごく良い色合いです。スリムな感じに見えるし、着心地も最高です」

【OAKLEY(オークリー)について】

1975年、米国カリフォルニアで生まれたスポーツ&ライフスタイルブランド。
“世の中のすべてのものは改良でき、そして必ずされていく” 創設者ジム・ジャナードの精神を受け継ぎ、新たなテクノロジーを生み出す技術開発を行ってきた企業姿勢は、これまでに全世界で約600以上の特許取得という技術を生み出し、アイウェアのリーダー的存在としての地位を築き上げる。そのクオリティの高さは、あらゆるスポーツジャンルにおいてトップ選手が使用している事実が証明する。また、アイウェアだけでなく、純正度付きレンズ、アパレルやアクセサリー市場においても画期的な製品を日々生み出している。

ニュースリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる