2018/02/01(木)チーム

2/1(木)ファーム春季キャンプが沖縄県国頭村でスタート

2月1日(木)、沖縄県国頭村のかいぎんスタジアム国頭でファーム春季キャンプがスタートしました。前日夜から強い雨が降り続いたため、グラウンドコンディション不良により、室内練習場でのスタートになりましたが、国頭村の宮城久和村長はじめ国頭村の皆様による歓迎セレモニーも無事行われ、2018年シーズンへ向けていよいよ本格的に始動しました。

今年からファームの指揮を取る荒木大輔ファーム監督は、栗山監督から託された「今年は何としても勝つ、そのことを常に念頭にそれぞれ前に進んでほしい」というメッセージを選手たちに伝え、さらに「ここから一軍を突き上げる、そんな選手になってほしい、そのためにそれぞれ必死に頑張ってほしい」と、荒木ファーム監督自身の想いも伝えました。

肌寒さを感じるキャンプ初日でしたが、練習をする選手たちからは口々に「2月17日に行われる紅白戦でしっかりと結果を残したい」という言葉が出るほど、練習への取組みは集中したものでした。初日の練習を終えた荒木ファーム監督からも「昨日、みんなにどんな練習でも声を出してやってほしいと話していたが、本当にハツラツとした姿は予想以上でした。オフの間にそれぞれがしっかり仕上げてきているのがわかった」という言葉が出るほど、納得のキャンプ初日だったようです。
昨シーズンの悔しさをバネに、ファイターズは新たな“道”をスタートしました。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる