2018/04/12(木)イベント

「シーニックバイウェイ北海道」と連携した“ファイターズコラボ道の駅”を新たに設定

平成29年10月に包括的連携協定を締結した「シーニックバイウェイ北海道」と株式会社北海道日本ハムファイターズの連携企画として、指定13ルートと連携した“ファイターズコラボ道の駅”が新たに設定されました。恒例となっている“北海道「道の駅」スタンプラリー2018”でファイターズ賞を新設するほか、限定グッズやフォトパネルが登場いたします。

北海道開発局と株式会社北海道日本ハムファイターズは、「平成28年北海道豪雨災害」の復旧応援セレモニーを開催。平成29年10月には『シーニックバイウェイ北海道推進協議会と株式会社北海道日本ハムファイターズとの包括的連携と協力に関する協定』を締結いたしました。今回の企画は包括的連携協定の取り組みとして、4月21日(土)から始まる“北海道「道の駅」スタンプラリー2018”に合わせてスタート。収益の一部はシーニックバイウェイ北海道の活動に充てられます。「シーニックバイウェイ北海道」のルートで「道の駅」を巡りながら、特別連携企画をお楽しみください。

企画詳細

“北海道「道の駅」スタンプラリー2018”にファイターズ賞新設

シーニックバイウェイの各ルートにある“ファイターズコラボ道の駅”13駅のスタンプを集めてご応募ください。全スタンプ制覇で、お気に入り選手の直筆サイン入りレプリカユニフォームが抽選で13名様に当たるファイターズ賞に応募できます。

コラボ道の駅13箇所一覧

各駅限定コラボグッズ

“ファイターズコラボ道の駅”13駅では、株式会社北海道日本ハムファイターズ×道の駅×シーニックバイウェイ北海道連携記念グッズを購入できます。購入グッズはご当地のシンボルと北海道日本ハムファイターズのマスコットキャラクターがあしらわれ、当該「道の駅」名とシーニックバイウェイ北海道ルート名が掲載されたアクリルカットキーホルダーとなっています。

デザインはイメージです

キーホルダーは(一社)シーニックバイウェイ支援センターが販売元で、500円(税別)で各駅限定100個となっています。なお、追加販売を行う場合は、ホームページ「北の道の駅」にてお知らせされます。

料金(税別) アクリルカットキールダー 500円
販売開始 4月21日(土)
販売場所 コラボ道の駅13箇所
備考 各駅限定100個

フォトパネル設置

“ファイターズコラボ道の駅”13駅中10駅に、「シーニックバイウェイルート」の景色を背景にして北海道日本ハムファイターズの選手と一緒に写真撮影ができるフォトパネルが4月21日(土)より設置されます。

デザインはイメージです

シーニックバイウェイ北海道ルート 道の駅名 フォトパネル設置駅
支笏洞爺ニセコルート サーモンパーク千歳
大雪・富良野ルート あさひかわ
東オホーツクシーニックバイウェイ うとろ・シリエトク
宗谷シーニックバイウェイ わっかない
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ 摩周温泉
函館・大沼・噴火湾ルート 縄文ロマン 南かやべ
萌える天北オロロンルート おびら鰊番屋
十勝平野・山麓ルート しほろ温泉
トカプチ雄大空間 ステラ★ほんべつ
南十勝夢街道 なかさつない
札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート×支笏洞爺ニセコルート 花ロードえにわ
どうなん・追分シーニックバイウェイルート みそぎの郷きこない
天塩川シーニックバイウェイ もち米の里☆なよろ
  • “ファイターズコラボ道の駅”は、北海道「道の駅」スタンプラリー2016全駅制覇者が選んだ施設やサービスに関する投票数の多い駅を選定しています
  • 『花ロードえにわ』は支笏洞爺ニセコルート内の道の駅ですが、札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート内には道の駅がないため、2つのルートの連携となっています

北海道「道の駅」スタンプラリー2018

開始:4月21日(土)
詳しくは北海道地区「道の駅」連絡会事務局またはホームページ「北の道の駅」をご覧ください。また、今年度も「道の駅」スタンプラリーの『シーニック賞』は引き続きお楽しみいただけます。スタンプラリー帳と同日に発売開始される『シーニックバイウェイ北海道 シーニックドライブマップ2018』の応募券添付で応募できます。

シーニックバイウェイ北海道とは

みちをきっかけに地域と行政等が連携し、「美しい景観づくり」「活力ある地域づくり」「魅力ある観光空間づくり」を目的に地域ごとに特色のある様々な活動が進められ、全道で14(うち指定ルート13)ルート約400の団体が活動しています。詳しくはシーニックバイウェイ北海道推進協議会ホームページをご参照ください。

イベント一覧へもどる ニュース一覧へもどる