2018/10/12(金)ニュースリリース

栗山監督と中島選手が「2018パーソル クライマックスシリーズ パ」前日会見に出席

「2018パーソル クライマックスシリーズ パ ファーストステージ」の前日会見が10月12日(金)、会場となるヤフオクドーム内の記者会見場で行われました。レギュラーシーズン3位の北海道日本ハムファイターズからは栗山英樹監督中島卓也選手、本拠地で迎え撃つ同2位の福岡ソフトバンクホークスは工藤公康監督と柳田悠岐選手が出席。両チームの指揮官と選手会長が、決戦を前に秘めた胸の内を明かしました。

ファーストステージは最大3試合制。2戦先勝すれば、リーグ優勝した埼玉西武ライオンズが待ち受ける、10月17日(水)にメットライフドームで開幕するファイナルステージへの切符をつかむことができます。2年ぶりにポストシーズンへ進出し、下克上を期す栗山監督は「超短期決戦。1つのプレーで流れが大きく変わったりもする。個々の思いの足し算だけは、負けないようにしたい」と独特な表現で必勝を誓いました。

選手を代表して登壇した中島選手も力強く決意表明しました。「流れがコロコロと変わりやすいのが、クライマックスシリーズ。相手にいかに流れを渡さずに、こちらが流れをつかめるか。集中してやっていきたい」。10月13日(土)の第1戦と同14日(日)の第2戦は13時、同15日の第3戦(月)は18時試合開始となっています。

ニュースリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる