2018/11/24(土)コミュニティ

「ファンフェスティバル2018」内でSC贈呈式を実施 ウィンタースポーツ7団体にゆきのね奨楽金

北海道日本ハムファイターズは、企業理念に掲げる「Sports Community」を実現させるため、スポーツを取り巻く環境を整え、地域社会の未来を創造していく活動(SC活動)を実施しています。

その一環で、北海道でウィンタースポーツを楽しむ子どもたちを増やし、北海道の活性化に貢献することを目的にとした「SNOW-ROOT SCHOLARSHIP ~ゆきのね奨楽金~」の贈呈先として7つの競技団体を選定し、11月24日(土)の「ファンフェスティバル2018」内で贈呈式を行いました。

団体 種目 所在地 事業内容 助成金
(一社)TONDEN.RC クロスカントリー
スキー
札幌市 競技の普及と長距離ランナー育成 30万円
利尻町スキー協会 スキー 利尻町 ゆきの利尻山に楽しく麓を広げよう!!事業 28万円
千歳市体育協会 スピードスケート 千歳市 幼児期からの競技普及振興および習得環境の整備事業 30万円
(一社)スキルチャレンジ アイスホッケー 釧路市 青少年育成アイスホッケープロジェクト 28万円
北海道雪合戦連盟
道央ブロック支部
雪合戦 札幌市 スポーツ雪合戦の小学生への普及事業 28万円
札幌ジュニア
バイアスロンクラブ
バイアスロン 札幌市 ジュニアバイアスロン体験交流事業 28万円
ブラックパールジャパン アルペン
スノーボード
東川町 キッズアルペンスノーボード体験レッスン~五輪メダリストと競技に挑戦してみよう 28万円

<参考>
・申請数23団体(北海道内12市町村、10競技=複合型を含む)
奨楽金を活用した各団体の開催事業は、詳細が決まり次第改めてお知らせします

SC贈呈 その他の支援内容

■ファイターズウォーキングクラブ「FOOTSTEP FUND~あしあと基金~」

贈呈先:北海道オールオリンピアンズ
内容:2018年に5回開催したウォーキングイベントの総歩数5,436,703歩に基づき、10歩1円換算でレーサー(陸上競技用車椅子)1台を寄贈しました

■Food-Counter

内容:日本ハムグループと北海道日本ハムファイターズが共同で主催観客動員数に応じて食品支援を行う社会貢献プログラム。今季観客動員1,968,916人×1円=196万8,916円分の日本ハム製品を北海道内に所在する自立援助ホーム12カ所へ贈りました

■リリーフ陣による貢献活動

贈呈先:一般社団法人北海道こどもホスピスプロジェクト(生命を脅かす病気とともに生きる子どもとそのご家族が数日から数週間、病院と自宅以外に安心してくつろぐことのできる滞在施設を札幌市内に作ろうと、道内の医師や研究者が2016年にを発足)
内容:121ホールド+43セーブ×1万円=164万円を北海道こどもホスピスプロジェクト様の活動資金として寄付
ホールドとセーブを合わせた数は2018年パ・リーグ1位

■鶴の恩返し

内容:「鶴の恩返しシート」をシーズン中ご購入いただいた中から親子10組20名様に、鶴岡選手兼コーチサイン入りこども用グラブと大人用キャッチャーミットのセットを贈呈

■シューズ贈呈

贈呈先:しんぐるまざあず・ふぉーらむ北海道
内容:母子家庭の相互援助・情報提供・交流等の活動を行うグループ、「しんぐるまざあず・ふぉーらむ北海道」への支援としまして、同団体に所属する世帯にミズノ社製の子供用シューズ46足を寄贈しました

いずれもファンフェスティバル2018内で贈呈

コミュニティ一覧へもどる ニュース一覧へもどる