2016/03/07(月)コミュニティ

親善試合「西アフリカ選抜対北海道日本ハムファイターズOB」開催が決定

2016年6月末から8月にかけて日本各地で実施される「西アフリカベースボールプロジェクト2016」の一環で、現地セレクションをへて来日する「西アフリカ選抜」と北海道日本ハムファイターズOBチームが7月17日(日)、室蘭新日鐵住金球場で親善試合を行うことが決まり、3月7日(月)に札幌市内の球団事務所で記者会見を開きました。

北海道日本ハムファイターズは2013年から北海道富良野市に拠点を置く「ブルキナファソ野球を応援する会」(出合祐太代表)を通じ、野球用具の提供や来日中のブルキナファソ人選手の試合招待、コラボレートグッズ販売など様々な支援活動を行ってまいりました。この間、同会の熱意にあふれるサポートにより、選手2名が日本の独立リーグ球団との契約を果たしています。来日メンバーにはファイターズが提供した道具を実際に手に取り技術を磨いた選手も含まれ、野球競技の国際普及、アフリカ文化に対する理解醸成など意義の大きさは計り知れないものがあり、「北海道日本ハムファイターズOBレジェンズ」を結成して対戦することになりました。

開催概要

カード 西アフリカ選抜 vs. 北海道日本ハムファイターズOBレジェンズ
 
日程 2016年7月17日(日)
球場 室蘭新日鐵住金球場(室蘭市輪西町3-1-49)
主催 ブルキナファソ野球を応援する会
後援 洞爺湖町
協力 北海道日本ハムファイターズ、JICA北海道
その他
  • OBレジェンズ出場予定者…木田優夫GM補佐、岩本勉氏、建山義紀氏、稲田直人氏、森本稀哲氏、北海道日本ハムファイターズ・ベースボールアカデミーコーチ(牧谷宇佐美=元東京ヤクルト=、立石尚行、池田剛基、高口隆行、市川卓、村田和哉) ほか
  • 試合開始時間、チケット販売概要、出場選手は決定次第お知らせいたします

会見出席者コメント

フランソワ・ウビダ駐日ブルキナファソ大使コメント

「西アフリカの国々が野球を通じて日本と強い絆で結ばれることを、心からうれしく思います。出合さんのお陰でブルキナファソの子供たちが夢や希望を持つことができ、我々にこのような機会を与えてくれたファイターズは日本一のチームだと思っています。7月に皆さんとお会いできることをとても楽しみにしています」

「ブルキナファソ野球を応援する会」出合祐太代表コメント

「8年前に初代JICAの野球隊員として現地に入り、普及活動を進める中出会った8歳、9歳の子がスポーツを通じて自分たちの成長、国の発展につなげたいと、そうした思いで日本にやってきます。能力が高いだけではなく、将来何を国に残したいか、しっかりした考えのある選手を選んでいます。成果を上げなければ人に響かず、同情を求めても協力は得られません。五輪という目標に向かうきっかけにしたいと思います」

JICA北海道・友成晋也次長(元ガーナ、タンザニア代表監督)コメント

「夢を与えるプロジェクトにファイターズが立ち上がってくれたことに敬意を表します。青年海外協力隊員が帰国して引き続きその国のために行動し、そこへファイターズが野球競技の発展や途上国のために加わってこのプロジェクトが大きくなることに大変意義を感じます。野球は日本を一歩出るとマイナースポーツです。今回の支援が行く行くは日本の野球界に返ってきて、競技の発展につながってほしいと期待しています」

木田優夫GM補佐コメント

「球団、選手会が支援、協力をしてきて、今回ここ北海道で親善試合が行われることをうれしく思います。北海道の皆さんにアフリカの野球を知っていただく良い機会。野球が人生を豊かに楽しくするものだということをアフリカの選手に伝えられたらと思っています。久しぶりにファイターズのユニフォームが着られることを僕自身楽しみにしています」

建山義紀元投手コメント

「日本でもアメリカでも様々な国の選手たちと一緒にプレーをしてきて、アフリカと野球をするのは初めてで興味深く、アスリート本能に火がつきます。これまで現地で普及に携わってこられた方々の思いも背負って、しっかり気持ちを込めてマウンドに立ちたいと思います。球場に人が入れば入るほどいいパフォーマンスができますし、自身の引退試合のつもりで臨みます」

稲田直人元選手コメント

「対戦相手の中から国際大会やプロのレベルに来るような選手が一人でも多く生まれるよう、後々あの試合の経験が大きかったと言ってもらえたらうれしいですね。全力でぶつかってくるでしょうから、僕らも全力で応えられるようしっかり準備したいと思います。ファンの皆さんとっても懐かしいメンバーがそろうので、その姿をぜひ見に来てください」

西アフリカ選抜について

出合代表が1月にブルキナファソへ渡り、7カ国(ブルキナファソ、ガーナ、コートジボワール、トーゴ、マリ、ナイジェリア、セネガル)の42人を対象にセレクションを実施、最終的に14歳から21歳の11選手が選出されました。西アフリカ各国に野球が伝わって約20年で、競技人口は各国1,000人に満たない状況ながら、今回は東京五輪出場(競技採用の場合)やプロ野球選手になる夢を持ち情熱に満ちたメンバーがそろっています。

セレクション実施の様子

参加メンバー

来日スケジュール

6月27日 来日
6月27日~7月8日 北海道富良野市、芦別市の合宿所にて練習、市民交流、親善試合など予定。
7月2日 旭川市にて 旭川大学との親善試合(予定)
7月3日 芦別、富良野市にて 社会人チームとの親善試合(予定)
7月9日 札幌大学の学生との交流 野球部との親善試合
7月9日~18日 北海道洞爺湖町にて滞在。練習、市民交流、親善試合などを予定。
7月17日 室蘭市にて北海道日本ハムファイターズOBレジェンズとの親善試合
7月19日~7月25日 高知県越知町滞在 市民交流、高知ファイティングドッグスとの親善試合
7月25日~7月末 関西滞在 大学、社会人との親善試合(予定)
8月1日~9日 関東滞在 大学、社会人との親善試合(予定)
8月3日 法政大学との親善試合(予定)
8月10日 帰国

来日費用寄付について

渡航費、滞在費、用具購入費など来日費用を集めるため、ブルキナファソ野球を応援する会ではインターネットのクラウドファンディング「READY FOR」で協力を呼びかけています。期間は3月31日(木)まで。
詳細はhttps://readyfor.jp/projects/Burkinaをご確認ください。

コミュニティ一覧へもどる ニュース一覧へもどる