2016/03/24(木)チーム

田中賢介選手による社会貢献活動「2016年ピンクリボンプロジェクト」を発表

北海道日本ハムファイターズ田中賢介選手による社会貢献活動「ピンクリボンプロジェクト」の2016年実施内容が決まりましたので、お知らせいたします。本プロジェクトは、田中賢介選手がピンクカラーの野球用具を身に着け本人のイメージカラーとして定着したことをきっかけに、2008年に活動がスタート。昨シーズンまで合計2,372名分のマンモグラフィー検診料の寄付に貢献しております。

乳がんの早期発見、早期治療の大切さを伝えるピンクリボン活動の啓蒙に協力したいと、昨シーズンまでは1アウトを取るごとに2名分のマンモグラフィー検診料を負担させていただく企画でしたが、田中賢介選手の「もう一度バッティングでチームの勝利に貢献する」という新たな強い決意のもと、今シーズンはヒット1本につき2名分のマンモグラフィー検診料を負担させていただく形に変更しました。マンモグラフィー検診料はシーズン終了後に「ピンクリボンin SAPPORO」を通じて、北海道対がん協会に寄付されます。今シーズンは華麗な守備とともに、田中賢介選手の芸術的で勝負強いバッティングにご注目ください!

2015年12月3日(木)
「母と子のピンクリボン教室~田中賢介選手と乳がんを学ぼう~」での贈呈セレモニー

ピンクリボン in SAPPORO

田中賢選手コメント

「今シーズンも『ピンクリボンプロジェクト』に取り組み、微力ではありますが貢献させていただけることにプロ野球選手として喜びと誇りを感じています。2016年はもう一度自分の納得のいくバッティングを取り戻し、チームの勝利に貢献するためにもヒット数に応じて寄付をさせていただくことにしました。ファンの皆様がいつまでも健康でファイターズの応援を続けられることを願うとともに、全力でプレーすることをお約束いたします」

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる