ベースボールアカデミー

コーチ紹介

コーチ一覧

立石 尚行

1970年 1999年 2007年
千葉県出身 ファイターズ入団 現役引退

千葉・市立船橋高校時代には、春の選抜甲子園大会に出場。高校卒業後、10年間、社会人野球のNTT関東野球部で活躍する。1998年のドラフト会議で、現在の北海道日本ハムファイターズから3位指名を受け入団。入団後は、先発、中継ぎ、抑えと大車輪の活躍をみせる。自ら経験してきた技術、準備、トレーニングの重要性を子どもたちに伝えながら、後進の指導にあたっている。

荒井 修光

1973年 1995年 2003年
千葉県出身 ファイターズ入団 現役引退

千葉・我孫子高校3年の1991年に夏の甲子園に投手として出場。卒業後、早稲田大学に進学し2勝を挙げるが、2年生時に捕手へ転向。4年生時にはベストナインを獲得し大学全日本メンバーにも選出される。1995年ドラフト会議でファイターズから2位指名を受け入団。現役時代は捕手、外野手としてプレーし2003年に引退。子供たちへの野球指導にも関わりながらアマチュア球界との連携を図り野球の普及振興活動も携わっている。

牧谷 宇佐美

1980年 1999年 2009年
北海道出身 ヤクルトスワローズ入団 現役引退

旭川実業高校時代は投手として最速145キロの速球を投げ、プロから注目される。1998年のドラフト会議で、現在の東京ヤクルトスワローズから2位指名を受け入団。3年目から野手に転向し、イースタン・リーグでは最多安打、打点ランキング2位に名を連ねるなど、勝負強いバッティングでチームを勝利に導いた。2009年に退団、地元の北海道に戻り、ベースボールアカデミーコーチとして後進の指導にあたっている。

村田 和哉

1985年 2008年 2015年
千葉県出身 ファイターズ入団 現役引退

千葉・市立船橋高校、中央大学を経て、2007年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから4位指名で入団。入団後は、主に、代走、守備固めとして、チームにとって貴重な存在として活躍。在籍時に学んだ、全力疾走、最後まで諦めない姿勢を子どもたちに伝えながら指導にあたっている。

須永 英輝

1985年 2004年 2016年
東京都出身 ファイターズ入団 現役引退

埼玉・浦和学院高校時代にエースとして、3年間で春、夏合わせて3回甲子園大会に出場する。2003年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから2位指名を受け入団。1年目から、力強いストレートを武器にイースタン・リーグで10勝を挙げ、最多勝を獲得した。その後、読売ジャイアンツ、ファイターズと移籍し、2016年に現役引退。選手として培った経験を活かし、より多くの子どもたちに野球の素晴らしさを伝えながら指導にあたっている。

市川 卓

1986年 2005年 2012年
三重県出身 ファイターズ入団 現役引退

三重・菰野高校時代に通算36本塁打を記録し、「三重のゴジラ」と称される。2004年のドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズからドラフト5位指名を受け入団。2008年にはイースタン・リーグで打率.350をマークし、首位打者を獲得する。2012年に現役引退。 子どもたちにもっと野球を好きになってもらうことを掲げ、明るく、元気に指導にあたっている。

大塚 豊

1987年 2010年 2016年
東京都出身 ファイターズ入団 現役引退

創価高校を経て、創価大学時代に4年間で通算41勝をあげた。その後、ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから2位指名で入団。2016年に現役引退。細かい制球力とケガを克服した経験を活かし、子供達に伝えながら指導にあたっている。

浅沼 寿紀

1989年 2008年 2013年
北海道出身 ファイターズ入団 現役引退

北海道旭川南高校時代、エースとして同校で春の選抜甲子園大会、初出場に導く。2007年、北海道日本ハムファイターズからドラフト7位で指名を受け入団。投手で入団したが、4年目に野手への転向。2013年に現役引退。引退後は地元北海道で、挨拶・礼儀、努力することの大切さを子ども達に伝えながら指導にあたっている。

𠮷田 侑樹

1994年 2016年 2020年
大阪府出身 ファイターズ入団 現役引退

大阪・東海大学付属仰星高校を経て東海大学では日本一を経験。学生のためのオリンピック・ユニバーシアード大会では金メダルを獲得。2015年北海道日本ハムファイターズからドラフト7位で指名を受け入団。2017年イースタンリーグで最優秀防御率を獲得。2020年に現役引退。子供たちに野球の楽しさを教えながら未来のプロ野球選手を育てるために指導にあたっている。