2011/06/14(火)第3回戦

阪神 vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
  阪神タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 1x 6 1

18:00試合開始|甲子園
第3回戦 2勝1敗0分|曇り|観客数:46,777人

■広報レポート <左腕の存在感>

 ロッカールームでアイシングをしながら、武田勝選手は床に正座してモニターに視線を送っていました。自らは役割を終え、勝ち負けはつかない状況。それでも、チームの勝利を祈ることに変わりはありません。タイガースにサヨナラ安打が出た瞬間、「そうか、そう来たか」と残念そうにつぶやいて帰り支度を始めました。

 甲子園独特の雰囲気にも、ポーカーフェースは崩れませんでした。六回まで2度、得点圏に走者を進めながら後続を断って無失点。圧巻だったのは七回です。先頭から2者連続安打で無死一、三塁のピンチを背負ったものの、右飛と三ゴロ併殺でタイガース打線に本塁を踏ませませんでした。

 「状態は前回より良くなかった」と話す一方で「粘って投げることができた」と持ち味を発揮できたと振り返ります。その中で、四回に与えた今季3つめ(!)の与四球を悔やむところが、“ドクター”らしさだといえるでしょう。

 これで22イニング連続無失点。防御率は1.30まで下がり、リーグトップに躍り出ました。勝利数と敗戦数では決して測れない存在感を、この左腕は持ち合わせています。

■武田勝投手 <8回、球数73、打者29、安打4、三振3、四球1、失点0、自責点0>

「状態は前回に比べて良くなかった。ただ、粘って投げることができたと思います。あとはチームが勝てるようにしっかり応援します。」

■梨田語録

「武田勝は中8日で疲れも取れたし、テンポのいいピッチングを見せてくれた。今日は(タイガース先発の)岩田をほめるしかない。スライダーなんかは(打者は)消えて見えたんじゃないかな。でも援護できなかったのは申し訳ないね。(二回のスクイズ敢行は)先に主導権を握りたかったから」