2012/05/13(日)第8回戦

北海道日本ハム vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 1 0 3 0 0 0 4 6 0
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 9 2

13:00試合開始|函館
第8回戦 4勝4敗0分|晴れ 15℃|観客数:20,319人

広報レポート <1点の重み、1プレーの重み>

 打球音とともに腰を浮かせたベンチの全員が、そのままの体勢で固まり、天を仰ぎました。1点を追う9回2死一、二塁。小谷野選手の放った打球は中堅方向に伸びていくも、遊撃中島選手のダイビング捕球に阻まれ同点とはなりませんでした。年に1度の函館シリーズ。連日に渡ってライオンズのクローザー涌井選手をあと一歩まで追い詰めましたが、最後は追いつけずに痛い連敗となりました。

 4点を追う7回に西口選手を攻めて一挙に3点を奪取。最後まで試合の行方の分からない好ゲームを演じられたのは、今年のファイターズの真骨頂と言えるでしょう。その反面、今浪選手の2失策がいずれも失点に絡み、3失策が出た前日の悪い流れを引きずったかのような連鎖。守備と投手力がチームを支えてきたファイターズにあって、両リーグトップの失策数はらしくないと言わざるを得ない一面です。

 3連敗で首位マリーンズとのゲーム差が2に広がったにも関わらず、球場前の沿道には応援ボードを掲げるファンの方々の人垣が幾重にもなり、笑顔が向けられていました。札幌ドームでは味わえない情景に何も感じない選手はいません。飛び交う一つ一つの声を力に替え、3日後から約1ケ月間のセ・パ交流戦へ向かいます。

武田勝投手 <5回2/3、球数100、打者24、安打5、三振2、四死球2、失点4、自責点2>

「打たれたのはすべて自分のコントロールミスでした。リズムも悪くて野手に迷惑をかけてしまった。気持ちを切り替えて次の登板に臨もうと思います。リードを許した状態でマウンドを譲ってしまいましたが、まだ試合は終わっていないので逆転を信じてベンチで応援します。」

栗山語録

「先にいかなきゃ(先制しないと)いけないけど、いけずにね…。選手はよく頑張っている。いい形で最後攻めてくれているんだけど、何かひとつ足りないのは、自分の中でしっかり考えます。問題は自分にあるんで、しっかり考えます。もう少しいい形で交流戦を迎えたかったところはあるけど、プラスの面もあるんで、チームの力を信じて前に進めればいいなと思います」