2012/10/18(木)第2回戦

北海道日本ハム vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1
  北海道日本ハムファイターズ 1 0 0 0 0 0 2 0 X 3 5 0

18:00試合開始|札幌ドーム
第2回戦 2勝0敗0分|晴れ 11℃|観客数:23,610人

広報レポート <攻め続けよう>

 勝負を決したのは「攻める」気持ちでした。1-0の7回2死二塁。ホークス森福選手の初球、スライダーをとらえた糸井選手の打球は大きな放物線を描き、右翼席中段に飛び込みました。「こういう試合こそ受けに回らないことが大事。シーズン中は甘い球を見てしまうところがありましたから」。プレーオフ、クライマックスシリーズを通じてリーグ10人目となる2試合連続本塁打を放ち、3勝0敗(アドバンテージ1勝を含む)として日本シリーズ進出へ王手をかけました。

 1回の先制点も糸井選手が口火を切りました。2死無走者から鋭いライナーをセンター右に弾き返し、大きなストライドで三塁を陥れました。続く中田選手の左翼へのライナーを内川選手が落球。これが先発の武田勝選手を勢いづかせ、6回無失点の好投を呼び込みました。

 守りでも6回1死三塁の場面で、内川選手の放ったフライを捕球した陽選手が本塁へ好返球。鶴岡選手のブロックもあり、あわや同点のピンチを必死のプレーでしのいだのです。ロッカールームはシーズン中より多くのベンチ入りしない選手がテレビで戦況を見守っており、イニング間に着替えに戻る選手を盛り立てる場面に「心のつながり」を感じさせます。

 前日の練習前、全員を集めた栗山監督は「プレッシャーは感じればいい。ミスをしたって構わないから攻め続けよう」と訓示。その言葉を信じる選手達のプレーには攻める気持ちがあふれています。増井、武田久のリリーフ陣も磐石。3年ぶりのクライマックスシリーズ制覇へ、チームは最高に結束しています。

武田勝投手 <6回、球数81、打者21、安打3、三振2、四死球1、失点0、自責点0 >

「先取点を取ってもらえたということもあって、何とか試合を作ることができたと思います。ひとり一人に集中して投げることができました。この後はチームの勝利を信じて応援します。」

栗山語録

「(武田勝選手は)久しぶりに長いイニングになって、実績や経験があっても難しいところを勝らしく投げてくれた。(今日のポイントは本塁補殺の)岱鋼ですよね。センターがストライク投げるのはマウンドがあって狙いにくい。難しいのは分かっているんだけど、ストライクを投げてくれた。今シーズンひと回りふた回り大きくなったのを象徴するシーンでした。(糸井選手は)すごい、すごいですね。すごいです。昨日、今日と救われました。(明日への意気込みは)野球の歴史の中でも4連敗は起こりうるわけだから、さあここからという気持ちで全員で向かっていきます」