2014/06/09(月)第4回戦

中日 vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 1 0 0 2 0 0 0 0 2 5 13 0
  中日ドラゴンズ 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 10 0

18:00試合開始|ナゴヤドーム
第4回戦 3勝1敗0分|快晴|観客数:26,358人

広報レポート<修正力と精神力>

1回、陽選手のタイムリーで生還した西川選手
9回、レフトへタイムリーを放つ中田選手

3回が終わったところで厚澤投手コーチはこう話していました。「今日は5回で代えるよ」。メンドーサ選手の立ち上がりをみれば、誰もが早めの継投策を考えたことでしょう。しかし、そう話す裏で、厚澤コーチと黒木コーチは苦しむ右腕に技術的なアドバイスを送っていました。そして、4回から生まれ変わったような本来のピッチングを披露。ゴロアウトの山を築き、7回2失点と先発として文句なしの内容で今季3勝目を挙げました。

直前のベイスターズ戦が2試合とも中止となったことで、2度も登板予定が変わりました。調子が上がらないのも無理はない状況です。さらに、試合途中のフォーム変更はリスクが伴います。そんな中で、しっかりと立て直すところが現役メジャーリーガーの修正力。「体が突っ込んで肩も開いていると言われた。そこに気をつけたら良くなった」とメンドーサ選手は笑顔で振り返りました。

勝ち星に恵まれなくても、決して腐りません。「今日は打ってもらえてうれしい。でも、バッターだって打てない時はある。自分は自分のピッチングをするだけだよ」。今季11試合に登板して9度目のクオリティースタート。ファイターズ先発陣の中で抜群の安定感を誇るのは、自分の仕事に徹する精神力があるからに他ありません。

今季3度目の4連勝で、貯金を今季最多の「4」に積み上げました。交流戦でも首位に0.5差の4位に浮上。栗山監督が言う「交流戦で貯金を増やす」を現実のものにするとともに、優勝を狙える位置でもあります。残り10試合。一気に加速したいところです。

メンドーサ選手<7回 93球 打者29 安打9 三振2 四死球0 失点・自責点2>

先発のメンドーサ選手

「登板間隔が空いて、立ち上がりはいい感覚で投げられなかった。ただ、時間が立つごとに良くなっていったし、4回からは自分のピッチングができたと思う。リードしている状態で交代できたから、あとはチームの勝利を信じて応援するだけだよ。」

栗山語録

栗山監督

Q.メンドーサ選手が3勝目を挙げました
「(序盤の乱調から)よく立ち直ってくれた。ピッチングコーチ2人がいろんなアドバイスをしてくれたしね。メンディにもコーチにも感謝している」

Q.早めに代えるつもりもありましたか
「あったよ。でも、元に戻ったからね。そこもすごいよね」

Q.中田選手の補殺が救いました
「そうだね。岱鋼も翔も守りからリズムを作っていく。大きかったよね。奨太もいい守りを見せてくれた」

Q.9回の追加点が大きかった
「翔がなかなか乗り切れない中でもチームを勝たせるんだという気持ちがあった。それに(出塁した)飯山のヒットも大きかった。苦労していることがああいうところで出る」