2014/06/14(土)第3回戦

北海道日本ハム vs 東京ヤクルト

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東京ヤクルトスワローズ 0 2 0 1 0 1 0 1 1 6 12 2
  北海道日本ハムファイターズ 0 2 2 0 1 0 1 1 X 7 13 1

18:00試合開始|札幌ドーム
第3回戦 2勝0敗1分|快晴|観客数:22,383人

広報レポート<ダイヤモンド上の司令塔>

3回、3ベースを放った近藤選手
3回、タイムリーを放った中田選手

突き放しても追いすがるスワローズ打線に苦しみながらも、4時間を超える総力戦を1点差で制してものにしました。先発した中村選手が2回で降板して荒れる展開になりましたが、大引選手の主将らしさが光る2打点が効きました。お立ち台では「投手陣が最後まで同点を許さなかったですし、野手も含めて全員の勝利」と納得の表情を浮かべていました。2-2の3回、先頭の近藤選手が右翼への三塁打でチャンスメーク。5月7日ホークス戦以来の三番に座ったキャプテンがしぶとく中前へ弾き返して勝ち越し。4回の守備で演じた失策が失点に結びつき、5回は右翼ポール直撃の4号ソロを放ってミスを取り返しました。

陽選手が左膝の上に裂傷を追い、登録を外れた最初の試合となった11日ジャイアンツ戦。延長戦の末に接戦を落とすや、大引選手の掛け声で野手はロッカーに集結しました。「ダイカンがいないから負けたと言われるのが一番悔しい。あいつのためにも、まずは一つ、必死に勝ちにいこう」。翌日も勝てなかったものの、今年初めて選手だけのミーティングを招集したことがこの日の粘りを生んだといって過言ではありません。

欧州サッカーに全米バスケットなど、スポーツは幅広く関心を持つだけに、お立ち台での締めくくりの言葉もふるっていました。「日本代表の試合(日本時間午前10時開始)を見てからでも十分間に合いますので、明日もぜひ足を運んでください」。ファイターズの司令塔が華麗な足裁きはなくとも、ピッチの内外で言葉巧みにナインを操ります。

中村選手<2回 打者8 球数31 安打2 三振1 四死球1 失点・自責2>

先発の中村選手

「打たれた球は全部甘く、思い切り攻めることができませんでした。早い回に降りてしまい、ブルペンに迷惑をかけて申し訳ないです」

栗山語録

栗山監督

Q.息詰まる接戦となりました
「最後の最後までね。勝ててよかった」

Q.大引選手の3番抜てきが当たりました
「狙い通りで、ビキらしくやってくれました」

Q.石川慎選手もスタメン起用に応えました
「右(投手)が来てもシンゴでいこうと思わせてくれるよね。ホントはああいうところ(7回)で簡単に打たせてもらえないのがプロの世界。追い込まれてからよく打ったね。あんまり褒めたくはないけど、みんなで褒めてあげてください」

Q.中村選手の交代は早かった
「どこまで勝負できるか、というのが交流戦。先行しておかないといけない。早いかもしれないけど、勝負するって決めているから。マサルにはかわいそうなことをしたとは思うけど」

Q.ジャイアンツ戦の連敗を跳ね返しました
「最後までみんなで何とかしようと、そういう思いがベンチみんなにあった。いつもそういう空気を作りたいと思っているんでね。こういう形であしたからもやっていきます」