2014/06/22(日)第4回戦

広島 vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 4 10 0
  広島東洋カープ 2 1 0 1 0 0 0 0 0 3X 7x 12 0

13:30試合開始|マツダスタジアム
第4回戦 2勝2敗0分|快晴|観客数:31,530人

広報レポート<一瞬だけの光>

3回、大引選手の勝ち越しツーベースヒット
8回、勝ち越しランナーブロックして阻止する大野捕手

痛恨のサヨナラ負けを喫した中でも、見せ場はありました。2回までに3点をリードされながら、3回に打線がつながって一気に逆転。10試合ぶりに1イニング4得点以上のビッグイニングを作りました。とはいえ、得点シーンはこの回のみ。9回までに7度、先頭打者が出塁したものの、3回以外の6度はあと一本が出ずにホームを踏むことができませんでした。先発・浦野選手も援護をもらいながら同点弾を浴びて降板。歯車が噛み合わない試合だったのは事実でしょう。

延長10回裏、2イニング目に突入した増井選手が3ランを被弾。直近8試合で2勝6敗と低空飛行となり、最大で4つあった貯金もついになくなりました。交流戦優勝チームが決まった一方でファイターズは10勝11敗1分けとマイナス状態。休日を挟んで戦う最後のカードに交流戦勝ち越しの命運がかかることになりました。

浦野選手<3回0/3 45球 打者13 安打5 本塁打2 三振3 四死球0 失点・自責点4>

先発の浦野選手

「あれだけ点数取ってくれたんですけど、申し訳ないですね。ホームラン2本に対しても甘く入ったところを打たれてしまったので、全体的にコントロールが良くなかったです。課題ばかりですね。ただ、試合はまだ終わってないのでチームの勝利を信じてベンチでしっかり声を出していきます。」

栗山語録

栗山監督

Q.中継ぎ勝負になってサヨナラ負け
「見ての通り。増井は2イニング目だったし、誰が悪いというわけではない。ただ、こういう試合を確実に勝っていかないと前には進めない」

Q.浦野選手が4回途中で交代
「球自体は悪くないんだけど、変化球が抜けている。新人で、この時期に疲れが出るということはあると思う」

Q.ビッグイニングは作りました
「昨日からそういう流れ。一回ひっくり返している。だから何とかしたかった」